FC2ブログ

Time is money, ya know

プロフィール

Author:ydog
読んだ本を忘れてしまわないためのアウトプットの場。読んだ本の中でも是非皆さんに読んで頂きたい本を【お勧めの本】として紹介しています。本を選ぶ参考にしてみてください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

  • 未分類(3)
  • 日本文学(31)
  • 外国文学(4)
  • ビジネス書(21)
  • ミステリ(5)
  • 学術書(5)
  • 英語(1)
  • 仏語(2)
  • 政治(1)
  • 思想・哲学(2)
  • 自己啓発(7)
  • 評論(22)
  • ワイン(10)
  • お勧めの本(8)

リンク

RSSリンクの表示

FC2カウンター

<ブログを始めるなら>

ブログ 【FC2BLOG 容量1GBの簡単ブログ】

ブログを思い通りにカスタマイズしたいという方にはFC2ブログがお勧めです。初心者の方でも安心して使えます。ブログを作ったら、ブロともになりましょv(。・ω・。)

人生で特に影響を受けた本たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

『マリ&フィフィの虐殺ソングブック』

マリ&フィフィの虐殺ソングブック (河出文庫―文芸コレクション)
マリ&フィフィの虐殺ソングブック (河出文庫―文芸コレクション)
河出書房新社 2000-10
売り上げランキング : 69257

おすすめ平均 star
star<物語>の爆殺。
star何だかなぁ…。
starん?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本書も評価の分かれる現代文学と言ってよいだろう。明らかにこれまでの小説の態様とは異なり、ストーリー性もなければ、含み豊かな表現もない。暴力や生表現を取り入れ、コマ送りのようなぶつ切りの情景描写を用いることで、まがりなりにも破天荒さを出しているようだが、こうした小説を天才的だと評するか、または駄作と評するのかといえば、私は後者の評価を与える。
 
というのも、描かれる内容自体は現代社会的が抱える残酷さを滑稽かつ端的に表していると言えるが、その表現が破天荒な割にあまりにも陳腐で、どうしても上滑りした印象を与えるからだ。彼の文章は全て短編であるが、そのどれもが全くもって印象に残らない。こうしたぶつ切りでスジの通らない文章を読むと私はカフカを思い起こすのだが、カフカの文章は非現実性の中にも精微な筆致によって登場人物の心情を描き出し、それが現実世界への架け橋の役割を果たしている。だから素晴らしい。しかしながら、本作品は現実へ架けようとした橋が抽象的で曖昧すぎ、私の心に届いてこない。これでは到底、小説の未来であるとはいえないだろう。
 
様々な本を読んでいくうちに、この評価も変わるかもしれないが、現在での私の評価はこれに留まる。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



2009-09-04(Fri) 12:02| 日本文学| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら

カレンダー(月別アーカイブ)

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2019年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索

<古本市場>

Amazonでは中古品を出品者から購入すると必ず340円の送料がかかってしまいます。古本市場でなら、中古品でも2000円以上買えば送料無料です。中古品を買うなら古本市場がお勧めです。

<Amazon>

私もいつも利用しているAmazonです。洋書のベストセラーを読んで英語学習に役立ててみてはどうでしょう??

Ajax Amazon

レビュープラス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。