FC2ブログ

Time is money, ya know

プロフィール

Author:ydog
読んだ本を忘れてしまわないためのアウトプットの場。読んだ本の中でも是非皆さんに読んで頂きたい本を【お勧めの本】として紹介しています。本を選ぶ参考にしてみてください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

  • 未分類(3)
  • 日本文学(31)
  • 外国文学(4)
  • ビジネス書(21)
  • ミステリ(5)
  • 学術書(5)
  • 英語(1)
  • 仏語(2)
  • 政治(1)
  • 思想・哲学(2)
  • 自己啓発(7)
  • 評論(22)
  • ワイン(10)
  • お勧めの本(8)

リンク

RSSリンクの表示

FC2カウンター

<ブログを始めるなら>

ブログ 【FC2BLOG 容量1GBの簡単ブログ】

ブログを思い通りにカスタマイズしたいという方にはFC2ブログがお勧めです。初心者の方でも安心して使えます。ブログを作ったら、ブロともになりましょv(。・ω・。)

人生で特に影響を受けた本たち

『流学日記』

流学日記―20の国を流れたハタチの学生 (幻冬舎文庫)
流学日記―20の国を流れたハタチの学生 (幻冬舎文庫)
幻冬舎 2006-06
売り上げランキング : 103215

おすすめ平均 star
star本当に面白い
starこの本に出会えたことが幸せだ!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

私と同世代の人間が書いた本ということで、大学時代に読んで久々に良い刺激を受けた。私も学生時代は様々なことに挑戦してきたが、彼が綴る一つ一つの体験がとても新鮮で、ページをめくる度に「自分は今ここにじっと座っていて良いのか」という脅迫観念に駆られる。それほど彼の体験は多様である。一年間学校を休学して20の国々を巡る「流学」では、決められたルートなどもちろんない。自分の足が赴くままに世界を巡る。その体験記を読めば、あなたも間違いなく海外に行きたいという気持ちになる。本書はそんな本である。
 
彼の著作は、私自身の海外での体験を振り返る良い機会となった。私は彼ほどたくさんの国々を回らなかったし、目の前で死人を見たことも、派手なお祭りに巻き込まれたこともない。今までに訪れた国は、旅行で訪れた国を含めても5カ国のみである。しかしながら、数では負けこそしたが、テキサスで留学生として過ごした一年間、コートジボワールでボランティアに打ち込んだ2ヶ月が彼の体験に劣っているとは思わない。彼と比べても、一つの国をじっくり観察し、様々なことをより深く観察できたはずである。
 
このように書くと、海外に行くことが学生時代に経験すべきことなのかと思われる方がいるかもしれない。答えは全くもってNOである。もちろん、語学を身につけるという点で言えば、海外に滞在することは最良の手段ではある。しかしながら、本のあとがきに著者が書いているように、海外に行くことだけが重要であるわけではないのだ。真に重要なのは、場所はどこであれ、「挑戦する」ことを経験するということなのである。しかしながら、「挑戦する」というのは簡単なように見えて存外難しい。というのも、「挑戦する」ということは、ただ何かしようと思い立ち、それを実行に移すということを意味するのではないからである。真に「挑戦する」とは、挑戦する中でさらに現状を分析し、現状における課題を自ら見つけ出し、それらを自分の工夫によって解決するということである。つまり、挑戦する中で挑戦することなのだと私は考える。就職活動において、自己PRや「学生時代最も打ち込んだこと」などのES(エントリーシート)を書く際に、私はこのことを痛感した。
 
私は、挑戦したつもりでいて、真に挑戦してきてはいなかった。海外に行くだけ行っても、そして帰ってきてからも、自分が感じた問題を自ら考え工夫して解決しようとはしてこなかった。それに比べて著者は、流学中に感じた問題意識から、大学卒業後も様々な活動に従事し、社会に貢献している。私も彼に負けずに、これから「挑戦」していこうと思う。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



2009-08-18(Tue) 23:03| 日本文学| トラックバック 1| コメント 1

コメント

レビュー専門ブログネットワーク、「R+ (レビュープラス)」へのお誘い

はじめまして。突然のご連絡失礼いたします。

弊社は株式会社ニューノーマルと申します。

現在弊社では、「R+ (レビュープラス)」(http://reviewplus.jp/)という、普段から書籍や雑誌などの
レビューを書いていらっしゃる活発なブロガーの皆様と、企業とを結びつけるレビュー専門ブログネットワークを運営しております。


本日はブログを拝見させて頂き、ぜひ「ビジネスマンの読書日記」様にもレビュープラスにご参加していただきたく、ご連絡させて頂きました。

サービスの内容といたしましては、企業が提供する書籍や雑誌をブロガー様に配布し、
ご自身のブログにてそのレビューを執筆して頂く、という流れです。
ブロガー様には、無料にて献本させて頂きます。もちろんご利用も無料です。

またレビューの内容につきましては、本サービス独自のランク付けを行い、優良レビュアーとなった
ブロガー様には、今後優先的にレビュー依頼を行う予定です。

詳細はこちらより、ご覧くださいませ。
http://reviewplus.jp/service

過去の事例といたしましては、「ニューズウィーク 日本版」を開催しており、直近では9月10日発売「クーリエ・ジャポン(http://courrier.jp/)」10月号のレビューブロガー募集を行います。

またこのクーリエ・ジャポンに関しましては講談社編集部による、レビューブロガーコンテストも
同時に開催させて頂きます。
上記コンテストの詳細に関しましては、レビュープラスホームページ上にて今月末頃に
告知させて頂く予定です。

突然のご連絡にもかかわらず、長文大変失礼いたしました。

ご興味をお持ち頂ければ、ご登録いただければ幸いです。
ご質問等ございましたら、何なりとお問い合わせくださいませ。

失礼いたします。

2009-08-24(Mon) 18:14 | URL | R+ (レビュープラス) #-[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら

行動力が視野をつくる-『流学日記』

素晴らしい書評は以下↓ 『流学日記』: http://yd0g.blog47.fc2.com/blog-entry-82.html 一日一冊:人生の智恵 2004/02/03: http://www.melma.com/backnumber_80190_178290/ Amazonの書評なんか読むと視野が狭いなんて書かれていたりしますが、視野ってどうやってつくるん

2010-05-24(Mon) 17:24 | 書評テトリス

カレンダー(月別アーカイブ)

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


ブログ内検索

<古本市場>

Amazonでは中古品を出品者から購入すると必ず340円の送料がかかってしまいます。古本市場でなら、中古品でも2000円以上買えば送料無料です。中古品を買うなら古本市場がお勧めです。

<Amazon>

私もいつも利用しているAmazonです。洋書のベストセラーを読んで英語学習に役立ててみてはどうでしょう??

Ajax Amazon

レビュープラス