FC2ブログ

Time is money, ya know

プロフィール

Author:ydog
読んだ本を忘れてしまわないためのアウトプットの場。読んだ本の中でも是非皆さんに読んで頂きたい本を【お勧めの本】として紹介しています。本を選ぶ参考にしてみてください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

  • 未分類(3)
  • 日本文学(31)
  • 外国文学(4)
  • ビジネス書(21)
  • ミステリ(5)
  • 学術書(5)
  • 英語(1)
  • 仏語(2)
  • 政治(1)
  • 思想・哲学(2)
  • 自己啓発(7)
  • 評論(22)
  • ワイン(10)
  • お勧めの本(8)

リンク

RSSリンクの表示

FC2カウンター

<ブログを始めるなら>

ブログ 【FC2BLOG 容量1GBの簡単ブログ】

ブログを思い通りにカスタマイズしたいという方にはFC2ブログがお勧めです。初心者の方でも安心して使えます。ブログを作ったら、ブロともになりましょv(。・ω・。)

人生で特に影響を受けた本たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

『百夜行』

白夜行
白夜行 東野 圭吾

集英社 1999-08
売り上げランキング : 12322

おすすめ平均 star
star感情移入できる登場人物が居ない
starカメラの目線
star「物語として」はとても面白いです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この本で東野圭吾の著作を読んだのは二冊目である。初めて彼の作品に触れたのは、高校生時代に友達に借りた『秘密』であった。その後、『容疑者Xの献身』を映画で見たり、『百夜行』をYou Tubeで見たりして主要な作品をチェックはしていたのだが、ドラマの『白夜行』が非常に面白かったため、およそ6年ぶりに彼の著作を読むに至った。
 
私は、テレビを見て小説を読んだのだが、個人的にはテレビの方が良かったと思う。小説では、主人公の二人の心情を全く描かず、客観的な目で二人の行動とその結果を描写している。それはそれで非常に面白く、想像をかきたてられるものであったが、自分としてはどうしてもテレビの主役を演じていた山田孝之(私は彼の演技が非常に好きなのだ)と綾瀬はるかのイメージが強く残りすぎており、かつ彼らが劇中で見せた様々な思いを先に見てしまっていたので、小説が少し物足りないものになってしまった。しかし、小説を先に読んだ友人には、やはり小説の方が良かったという意見が多い。テレビによって作られた答えを先に知ってしまった自分は、小説で楽しめたはずのミステリーを純粋に楽しむことができなかった。
 
「俺の人生は、白夜の中を歩いているようなものやからな」
 
例えどんなにキツくても、何か一つ信じられるものがあれば闇の中でも歩いていける。
それが恋人であれ、神であれ、人がすがるものは人それぞれだけど、私の場合は何だろうか。今のところは、祖父母に恥じないような生き方をすることが自分の中の支えになっているように思う。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



2009-05-28(Thu) 16:05| 日本文学| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら

カレンダー(月別アーカイブ)

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2019年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索

<古本市場>

Amazonでは中古品を出品者から購入すると必ず340円の送料がかかってしまいます。古本市場でなら、中古品でも2000円以上買えば送料無料です。中古品を買うなら古本市場がお勧めです。

<Amazon>

私もいつも利用しているAmazonです。洋書のベストセラーを読んで英語学習に役立ててみてはどうでしょう??

Ajax Amazon

レビュープラス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。