FC2ブログ

Time is money, ya know

プロフィール

Author:ydog
読んだ本を忘れてしまわないためのアウトプットの場。読んだ本の中でも是非皆さんに読んで頂きたい本を【お勧めの本】として紹介しています。本を選ぶ参考にしてみてください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

  • 未分類(3)
  • 日本文学(31)
  • 外国文学(4)
  • ビジネス書(21)
  • ミステリ(5)
  • 学術書(5)
  • 英語(1)
  • 仏語(2)
  • 政治(1)
  • 思想・哲学(2)
  • 自己啓発(7)
  • 評論(22)
  • ワイン(10)
  • お勧めの本(8)

リンク

RSSリンクの表示

FC2カウンター

<ブログを始めるなら>

ブログ 【FC2BLOG 容量1GBの簡単ブログ】

ブログを思い通りにカスタマイズしたいという方にはFC2ブログがお勧めです。初心者の方でも安心して使えます。ブログを作ったら、ブロともになりましょv(。・ω・。)

人生で特に影響を受けた本たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

『クオリティ・ライフの発想―ダチョウ型人間からワシ型人間へ 』

クオリティ・ライフの発想―ダチョウ型人間からワシ型人間へ (1977年)
クオリティ・ライフの発想―ダチョウ型人間からワシ型人間へ (1977年)渡部 昇一

講談社 1977-06
売り上げランキング : 381537

おすすめ平均 star
star忙しい人ほど沈黙の時間が必要

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

一昨日に引き続いて知的生活向上のためのhow to本である。クオリティ・ライフとは、その名の通りクオリティの高い生活のことである。具体的には、知的に「考える」ことのできる生活のことである。
 
人の知性は二種類あるという。一つはintelligence であり、もう一つはintellectである。仏教で言うところの「知」と「智」であるが、もう少し噛み砕いて述べると、intelligenceは事務的な問題処理能力であり、IQテストで計測できるタイプの知性である。大学受験などの入試では、こちらの知性が試されている。反対にintellectとは、IQテストでは測ることのできない創造力・「考える力」のことである。前回の記事で問題になった「考える技術」というのはこちらのことをいっている。
 
もちろん、どちらがより優れているというわけではない。Intelligenceに優れた人間が事務的な処理をメキメキとこなしていくからこそ、社会は円滑に回っているのである。それと同時にintellectに優れた人間が様々な考え、モノ発明し、我々の生活を豊かにしてきたことも事実である。
 
こんな話がある。ダーウィンは幼少の頃、試験の点数はあまりよくなく、知能的にはあまり優れた青年ではなかった。しかし、彼は生物など、興味のあることについては、本当に深い興味を持ち、持続的に考え続けるという特性を持っていた。そんな彼が、ビーグル号に乗って世界を回っているときに、自然淘汰を原理とする進化論を思いついたのだ。この時の彼は著名な生物学の本を何冊も読んでいたわけではない。何をするでもなく、船に揺られ続けながら、静かに「考え」ていたのである。また、こんな話もある。ニュートンが発見した物理学の諸原理の構想は、若年時に田舎で休養していたときに思いついたものを、後年になって実験あるいは推論によって証明したものである。つまり、intellectによって思いついた仮説をintelligenceによって検証することによって、万有引力の法則を初めとして、その他様々な物理学の法則を見つけ出したのである。
 
このような例から言えるのは、確かにintelligenceも大切な要素ではあるが、さらに充実し、質の高い構想を得るためには、intellectが必要不可欠であるということである。もちろん、今の学校教育がどちらの知性を焦点にあてているかは言うまでもないだろう。そのような中で、どうのようにしてintellectを身につければよいのか。
 
著者は、誰にも邪魔されない瞑想する時間を作れ、ということをいっている。著者が最も進めるのは散歩であるが、別に家の書斎であっても、近所の喫茶店でもどこでも良い。外界から刺激を受けることなく、内省できる時間を持つことが重要であると説いている。なるほど、もっともであるが、単に瞑想・内省せよと言われても、どうすればよいのか分からない人もいるだろう。そうした内省の技術的なことは、本書にはほとんど書かれていないので、『考える技術』を読むことをお勧めする。要は、様々なことに好奇心を持ち、上辺だけの知識を得て満足することなく、それを自分なりに深く考え続けることが大切だということだ。
 
私は特に散歩をお勧めする。自然の中や閑静な住宅街などを小一時間くらい散歩していると、普段は考えることのない様々なアイデアが頭に浮かんでくるのが分かる。そして健康にも良い。こうした知的な時間は、多少の無理をしてでも確保するべきである。テレビを観る時間を少し削れば良いだろう。自分で考えることの楽しさを皆さんにも是非知ってほしい。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



2009-07-02(Thu) 00:27| 自己啓発| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら

カレンダー(月別アーカイブ)

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2018年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ内検索

<古本市場>

Amazonでは中古品を出品者から購入すると必ず340円の送料がかかってしまいます。古本市場でなら、中古品でも2000円以上買えば送料無料です。中古品を買うなら古本市場がお勧めです。

<Amazon>

私もいつも利用しているAmazonです。洋書のベストセラーを読んで英語学習に役立ててみてはどうでしょう??

Ajax Amazon

レビュープラス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。