FC2ブログ

Time is money, ya know

プロフィール

Author:ydog
読んだ本を忘れてしまわないためのアウトプットの場。読んだ本の中でも是非皆さんに読んで頂きたい本を【お勧めの本】として紹介しています。本を選ぶ参考にしてみてください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

  • 未分類(3)
  • 日本文学(31)
  • 外国文学(4)
  • ビジネス書(21)
  • ミステリ(5)
  • 学術書(5)
  • 英語(1)
  • 仏語(2)
  • 政治(1)
  • 思想・哲学(2)
  • 自己啓発(7)
  • 評論(22)
  • ワイン(10)
  • お勧めの本(8)

リンク

RSSリンクの表示

FC2カウンター

<ブログを始めるなら>

ブログ 【FC2BLOG 容量1GBの簡単ブログ】

ブログを思い通りにカスタマイズしたいという方にはFC2ブログがお勧めです。初心者の方でも安心して使えます。ブログを作ったら、ブロともになりましょv(。・ω・。)

人生で特に影響を受けた本たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

『ワインをめぐる小さな冒険』

ワインをめぐる小さな冒険 (新潮新書)
ワインをめぐる小さな冒険 (新潮新書)柴田 光滋

新潮社 2007-11
売り上げランキング : 187023

おすすめ平均 star
starワインについて書かれた書籍のなかで、最良の一冊

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「安くて良いものを」というのは、庶民ならば誰しもが心に秘める買い物の秘訣ではないだろうか。ワインというのは、非常に値段の幅が広く、安いものであれば数百円から最上級のものであれば1000万円程度もする。では、最上級のワインを飲んだことのない者はワインを語ることができないのか。私はそうは思わない。確かにRomanée ContiChâteau d'YquemChateau Lafite-Rothschildといった最上級のフランスワイン(安いものでも数万円)は、間違いなくその値段に見合う価値があるのだろう。だが、そうした高級ワインにも負けるとも決して劣らぬ素晴らしいワインが世界には存在しているはずである。そうしたワインを見つけ出して、手ごろな価格でワインというものをより一層楽しもうとするのが本書の目的である。
 
私はワインについて学び始めたばかりであるが、そうするとどうしても有名なフランスワインに目がいってしまう。高いものは良いはずなので、なんとかして高級ワインを飲んでみたいという考えが頭から離れない。だが本書を読んでみて、5000円を切るワインでも十分素晴らしいものはあるということを改めて知った。人間、背伸びをしてしまうと駄目だ。少しでも無理をしてしまうと、心の底から楽しむことができない。お金に余程の余裕がない限り、一本数万円するワインを頻繁に飲むということは決してできない。では、無理をせずにワインを楽しむにはどうすればよいか。その楽しみ方を本書は教えてくれる。今まで読んだワインの本の中で、一番消費者に優しいワインの本である。
 
ただし、ワイン初心者の方にとって内容は非常に難しいかもしれない。著者はその道30年のベテランワイン愛好家である。当然出てくるワインも多種多様で、注釈による解説がしっかりと付いているのであるが、なかなかすんなりとはついていけない。また、自分自身がワインを正しく評価できる舌を持たないことには、どれが上質のワインかを知ることは難しい。したがって、ワイン初心者の方がいきなり本書を買う必要はないと思う。『ワインテイスティング―ワインを感じとるために』などの本を読んでワインテイスティングの知識をつけ、ワインを飲むことを繰り返し、ある程度自分の舌を養った後で本書を手にとってみるべきである。そうすれば、自分の食生活にワインをどのように組み込み、無理せずワインを楽しむか、穂書は間違いなく一つの羅針盤になるだろう。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



2009-07-01(Wed) 09:25| ワイン| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら

カレンダー(月別アーカイブ)

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2019年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索

<古本市場>

Amazonでは中古品を出品者から購入すると必ず340円の送料がかかってしまいます。古本市場でなら、中古品でも2000円以上買えば送料無料です。中古品を買うなら古本市場がお勧めです。

<Amazon>

私もいつも利用しているAmazonです。洋書のベストセラーを読んで英語学習に役立ててみてはどうでしょう??

Ajax Amazon

レビュープラス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。