FC2ブログ

Time is money, ya know

プロフィール

Author:ydog
読んだ本を忘れてしまわないためのアウトプットの場。読んだ本の中でも是非皆さんに読んで頂きたい本を【お勧めの本】として紹介しています。本を選ぶ参考にしてみてください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

  • 未分類(3)
  • 日本文学(31)
  • 外国文学(4)
  • ビジネス書(21)
  • ミステリ(5)
  • 学術書(5)
  • 英語(1)
  • 仏語(2)
  • 政治(1)
  • 思想・哲学(2)
  • 自己啓発(7)
  • 評論(22)
  • ワイン(10)
  • お勧めの本(8)

リンク

RSSリンクの表示

FC2カウンター

<ブログを始めるなら>

ブログ 【FC2BLOG 容量1GBの簡単ブログ】

ブログを思い通りにカスタマイズしたいという方にはFC2ブログがお勧めです。初心者の方でも安心して使えます。ブログを作ったら、ブロともになりましょv(。・ω・。)

人生で特に影響を受けた本たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

『蜘蛛の糸・杜子春』

蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)
蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)芥川 龍之介

新潮社 1968-11
売り上げランキング : 80511

おすすめ平均 star
star「蜘蛛の糸」は様々なことを示唆した名作。
star5歳の心に「蜘蛛の糸」が刻み込まれました。
star芥川龍之介に初めてチャレンジしました

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

芥川龍之介は多くの短編を書いたが、本書はその短編の中でも特に年少文学(童話)を主にして選んでいる。他に「三つの宝」を入れれば、ほぼ芥川の少年者は出尽くす。その中でも最も有名な作品が「蜘蛛の糸」ではないだろうか。これをまだ読んだことない人は、すぐにでも読んでほしい。というか、日本人として読むべきである。“The Spider's Thread”という題名で英訳もされている。それほど有名ということだ。

 
私は本作品の中でも、「仙人」が好きである。あらすじはこうだ。仙人になるための奉公先を探している権助は、医者の家を奉公先として紹介してもらう。しかし、その家の主人は仙人になるための術を持っているわけではなく、仙人になれるという口上で権助を20年間働かせる。そして最後には・・・以下、実際に読んで頂きたい。信ずるものは救われるというか、何とも後味の良い作品である。
 
もう一つ、非常に有名な「蜘蛛の糸」だが、少し違和感を覚える点がある。お釈迦様がカンダタ(犍陀多)を助けた理由がどうも弱い気がする。なぜなら、犍陀多は様々な悪事を働いた大泥棒であるにも関わらず、そんな大泥棒を、一匹の蜘蛛を助けたという理由で地獄から救い出そうとするのはいかがなものか。長く責め苦を負わされてきた犍陀多に対する仏の慈悲ということなのだろうか。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



2009-06-26(Fri) 08:49| 日本文学| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら

カレンダー(月別アーカイブ)

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2019年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索

<古本市場>

Amazonでは中古品を出品者から購入すると必ず340円の送料がかかってしまいます。古本市場でなら、中古品でも2000円以上買えば送料無料です。中古品を買うなら古本市場がお勧めです。

<Amazon>

私もいつも利用しているAmazonです。洋書のベストセラーを読んで英語学習に役立ててみてはどうでしょう??

Ajax Amazon

レビュープラス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。