FC2ブログ

Time is money, ya know

プロフィール

Author:ydog
読んだ本を忘れてしまわないためのアウトプットの場。読んだ本の中でも是非皆さんに読んで頂きたい本を【お勧めの本】として紹介しています。本を選ぶ参考にしてみてください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

  • 未分類(3)
  • 日本文学(31)
  • 外国文学(4)
  • ビジネス書(21)
  • ミステリ(5)
  • 学術書(5)
  • 英語(1)
  • 仏語(2)
  • 政治(1)
  • 思想・哲学(2)
  • 自己啓発(7)
  • 評論(22)
  • ワイン(10)
  • お勧めの本(8)

リンク

RSSリンクの表示

FC2カウンター

<ブログを始めるなら>

ブログ 【FC2BLOG 容量1GBの簡単ブログ】

ブログを思い通りにカスタマイズしたいという方にはFC2ブログがお勧めです。初心者の方でも安心して使えます。ブログを作ったら、ブロともになりましょv(。・ω・。)

人生で特に影響を受けた本たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

『壬生義士伝』

壬生義士伝 上 文春文庫 あ 39-2
壬生義士伝 上   文春文庫 あ 39-2
文藝春秋 2002-09
売り上げランキング : 2508

おすすめ平均 star
starまるで映画のスクリーンを観るようだ。
starこの値段が余りにも安く感じるほどの価値が込められている
star生き抜く苦しみ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

私は小さい頃から武士というものが好きである。武士道として自分の信念を貫き通すその姿勢がたまらなく美しいからだ。そして、これまで数々の時代小説を読んできた中で、私が迷うことなく一番に挙げるのが本作品である。
 
題材は、これまで何度も何度も解釈がなされ、取り上げられてきた新撰組である。それを浅田次郎が書く。浅田次郎といえば、直木賞受賞作である『鉄道員』などが有名であるが、そんな彼の書く時代小説は、全く時代小説っぽくない。例えば、同じ新撰組を扱った司馬遼太郎の『燃えよ剣』と比べてみても、『燃えよ剣』が時系列に沿って年代順に出来事を羅列していく中で主人公:土方歳三の像を浮き上がらせていくのに対して、『壬生義士伝』は主人公の周囲にいた人々へのインタビューの形で、次第に主人公:吉村貫一郎という人物を描き出してゆく。全てが口頭で語られるから、リズムが良いし、読みやすい。そして何より人間くさい文章で非常に引き込まれる。
 
吉村貫一郎とは、南部盛岡藩の脱藩浪士であり、実在した新選組隊士である。恐らく新撰組マニア以外は誰もその名を耳にしたことがないだろう。それほど無名の隊士である。歴史上実在したことは分かっているが、彼がどのような生涯を送ったかについての詳しい資料は残っていない。本作品も、浅田次郎自身も綿密に取材を重ねたそうだが、元々は子母澤寛の創作を下敷きにして書かれたものであるそうだ。
 
吉村貫一朗には2つの義があった。一つは、幕府・将軍家への義。もう一つは、自分の妻・子供への義である。妻子を養うために主家(盛岡藩主)を捨てても、将軍への忠義は決して忘れず、大勢の隊士が逃げ出す中で最後まで幕府のために戦い抜く。「吉村、逃げろ」と言う斉藤に向かって彼は言う。
 
「わしは、みなみなさまとは氏も素性も違ういやしい小身者だども、南部の侍にござんす。南部は必ずや、義のために戦い申っす。淀城の稲葉様に義はござらねが、われら南部武士はたとえ外様とは申せ、女子供まで曲げてはならぬ義の道をば知っており申す。ならば、わしは南部の魁として死に申す。そこもとのお気遣いは涙の出るほど有難えと思うだども、わしは南部の侍じゃから、義に背くようなお恥す真似は、ゆめゆめ致し申さぬ。」
 
そして、妻子を養うため守銭奴と罵られ嘲られても、餓えた者には一握りの飯を施す。一見すると矛盾に満ちているように思えるが、根底にあるのはこの2つの義であるように思う。そのために彼は戦い、死んだ。
 
義とは、自分が「正しいと信じている信念」だと私は考えている。「正しさ」の定義については人それぞれ異なるだろうから、ここでは省く。ただ、吉村貫一郎の生き様は、私達に生きる上で何が大切かを教えてくれる。『壬生義士伝』は間違いなく名作である。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



2009-06-24(Wed) 08:46| 日本文学| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら

カレンダー(月別アーカイブ)

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2019年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索

<古本市場>

Amazonでは中古品を出品者から購入すると必ず340円の送料がかかってしまいます。古本市場でなら、中古品でも2000円以上買えば送料無料です。中古品を買うなら古本市場がお勧めです。

<Amazon>

私もいつも利用しているAmazonです。洋書のベストセラーを読んで英語学習に役立ててみてはどうでしょう??

Ajax Amazon

レビュープラス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。