FC2ブログ

Time is money, ya know

プロフィール

Author:ydog
読んだ本を忘れてしまわないためのアウトプットの場。読んだ本の中でも是非皆さんに読んで頂きたい本を【お勧めの本】として紹介しています。本を選ぶ参考にしてみてください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

  • 未分類(3)
  • 日本文学(31)
  • 外国文学(4)
  • ビジネス書(21)
  • ミステリ(5)
  • 学術書(5)
  • 英語(1)
  • 仏語(2)
  • 政治(1)
  • 思想・哲学(2)
  • 自己啓発(7)
  • 評論(22)
  • ワイン(10)
  • お勧めの本(8)

リンク

RSSリンクの表示

FC2カウンター

<ブログを始めるなら>

ブログ 【FC2BLOG 容量1GBの簡単ブログ】

ブログを思い通りにカスタマイズしたいという方にはFC2ブログがお勧めです。初心者の方でも安心して使えます。ブログを作ったら、ブロともになりましょv(。・ω・。)

人生で特に影響を受けた本たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

『バトル・ロワイアル』

バトル・ロワイアル
バトル・ロワイアル高見 広春

太田出版 1999-04
売り上げランキング : 63063

おすすめ平均 star
star映画から観たが・・・
star会社を休んで読みふけった一書
star良作としての可能性を破棄する

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

言わずもがな衝撃的なデビューを飾った本作品は、高校生の私にとっても衝撃的だった。もちろん映画も見に行った(2回も!!)し、本書も何度も読み返し、今回でもう4度目となるか。それほどまでに引き込まれる作品なのだ。こんなに衝撃的な作品は、私のこれまでの人生の中でお目にかかったことがない。もしこれ以上の作品を知っている方がいれば是非教えていただきたい。それほど私にとって忘れられない本である。
 
クラスメイトが殺しあうストーリーなんて誰が考えつくだろう。優勝するため(つまり生き残るため)には、自分以外のクラスメイトが死ぬしかない。そんな極限の状況の中で繰り広げられるサバイバルゲームは、人間の本性をいとも容易くあらわにする。殺そうとする者、殺し合いを放棄する者、他の皆を信じて呼び掛ける者、各々が悩み、そして苦しむ。命が一瞬にして奪われる様子は、確かにショッキングではあるが、ただショッキングの一言で済ますのは浅い物言いである。なんといっても本書は「青春小説」なのだから。
 
舞台は殺し合いゲームだが、その中で生まれるドラマは他の青春小説と大差ない。信じようとして裏切られ、助けられ友情が生まれ、そして恋をする。ただ、そのドラマの結果が絶対的な「死」に結びつくという点は異なるが。
 
ただ私が思うのは、「死」によって縛られた極限状態だからこそ、人の本質がより一層際立って見えるのではないかということだ。この作品ほど人間(特に少年少女ではあるが)の本質を浮き彫りにした本はないだろう。それは醜くも汚らしくもあるけれど、美しくもある。殺し合いの派手さにばかり目を向けるのではなく、彼らの「青春」を感じ取って欲しい。ちなみに、ラストのビデオで私は泣いた。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



2009-06-21(Sun) 00:33| 日本文学| トラックバック 0| コメント 1

コメント

ブログ再開したよ!

2009-06-22(Mon) 00:24 | URL | きよ #-[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら

カレンダー(月別アーカイブ)

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2019年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索

<古本市場>

Amazonでは中古品を出品者から購入すると必ず340円の送料がかかってしまいます。古本市場でなら、中古品でも2000円以上買えば送料無料です。中古品を買うなら古本市場がお勧めです。

<Amazon>

私もいつも利用しているAmazonです。洋書のベストセラーを読んで英語学習に役立ててみてはどうでしょう??

Ajax Amazon

レビュープラス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。