FC2ブログ

Time is money, ya know

プロフィール

Author:ydog
読んだ本を忘れてしまわないためのアウトプットの場。読んだ本の中でも是非皆さんに読んで頂きたい本を【お勧めの本】として紹介しています。本を選ぶ参考にしてみてください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

  • 未分類(3)
  • 日本文学(31)
  • 外国文学(4)
  • ビジネス書(21)
  • ミステリ(5)
  • 学術書(5)
  • 英語(1)
  • 仏語(2)
  • 政治(1)
  • 思想・哲学(2)
  • 自己啓発(7)
  • 評論(22)
  • ワイン(10)
  • お勧めの本(8)

リンク

RSSリンクの表示

FC2カウンター

<ブログを始めるなら>

ブログ 【FC2BLOG 容量1GBの簡単ブログ】

ブログを思い通りにカスタマイズしたいという方にはFC2ブログがお勧めです。初心者の方でも安心して使えます。ブログを作ったら、ブロともになりましょv(。・ω・。)

人生で特に影響を受けた本たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

『アペラシオンと格付け (試験に受かる、ツウになるワインブック 1)』

アペラシオンと格付け (試験に受かる、ツウになるワインブック 1)
アペラシオンと格付け (試験に受かる、ツウになるワインブック 1)塚本悦子

美術出版社 2008-05-23
売り上げランキング : 13184


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

以前の試験に受かる、ツウになるワインブック 4 インの過去問400シリーズである。本書は問題形式ではないが、世界の代表的なワイン生産地リストと、ボルドーワインの格付けを分かりやすくまとめている。ソムリエ試験の教本はデータの羅列で非常にとっつきにくいが、本書は豆知識などを交えてアペラシオン(代表的な生産地)と格付けが紹介されているので、まだ分かりやすい。フランスワインについての知識を整理するには丁度良いハンドブックである。ただし、他の地方の格付けについては簡単にしか触れられていないので、ワイン初心者以外の方には全く必要ない本だろう。各国・地方のワインを知りたいのであれば、もっと良い本がいくらでもある。あくまで、「ソムリエ試験を受けるワイン初心者が重要論点であるボルドー地方のワインを理解・整理するために買うべき本」である。

ちなみに、ワインに格付けがあるといっても、その格付けは地区によって異なる。ボルドー地区であれば15級までの格付けがなされているが、ソーテルヌ・バルザック地区では特別第1級~第2(3階級)というように、格付けのランク自体も異なっているので、フランスワイン全体を通じての等級というものは存在しない。また、格付けされていないワインでも素晴らしいものは存在する。
 
教本を初めに見たときは非常にとっつきにくかったが、段々面白くなってきた。もっと勉強しよう。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



2009-06-18(Thu) 12:10| ワイン| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら

カレンダー(月別アーカイブ)

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2019年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索

<古本市場>

Amazonでは中古品を出品者から購入すると必ず340円の送料がかかってしまいます。古本市場でなら、中古品でも2000円以上買えば送料無料です。中古品を買うなら古本市場がお勧めです。

<Amazon>

私もいつも利用しているAmazonです。洋書のベストセラーを読んで英語学習に役立ててみてはどうでしょう??

Ajax Amazon

レビュープラス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。