FC2ブログ

Time is money, ya know

プロフィール

Author:ydog
読んだ本を忘れてしまわないためのアウトプットの場。読んだ本の中でも是非皆さんに読んで頂きたい本を【お勧めの本】として紹介しています。本を選ぶ参考にしてみてください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

  • 未分類(3)
  • 日本文学(31)
  • 外国文学(4)
  • ビジネス書(21)
  • ミステリ(5)
  • 学術書(5)
  • 英語(1)
  • 仏語(2)
  • 政治(1)
  • 思想・哲学(2)
  • 自己啓発(7)
  • 評論(22)
  • ワイン(10)
  • お勧めの本(8)

リンク

RSSリンクの表示

FC2カウンター

<ブログを始めるなら>

ブログ 【FC2BLOG 容量1GBの簡単ブログ】

ブログを思い通りにカスタマイズしたいという方にはFC2ブログがお勧めです。初心者の方でも安心して使えます。ブログを作ったら、ブロともになりましょv(。・ω・。)

人生で特に影響を受けた本たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

『ビル・ゲイツの面接試験―富士山をどう動かしますか?』

ビル・ゲイツの面接試験―富士山をどう動かしますか?
ビル・ゲイツの面接試験―富士山をどう動かしますか? 松浦 俊輔

青土社 2003-06-15
売り上げランキング : 4676

おすすめ平均 star
starパズルは楽しめるが、マイクロソフトは逝ってヨシ
star前半の面接の歴史は回りくどくて読みにくかったので、後半の解答編を中心に読んだ
starIQの限界から、創造的思考を試すための試みへ。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

就職活動時代に購入した就活本の一つ。初読の際は後半のパズル問題を中心に読んでいたので、今回改めて最初から読んでみたが、前半部分に書かれている面接試験の歴史(IQテストからパズル面接へ)やその意義などは、就職活動においてあまり役に立つ知識ではないだろう。就職活動時に読んだとしても、ほとんど面接対策にはならないと思われる。面接の裏側を知っておくことで安心できる人なら前半から読むと良い。
 
後半部分のパズル問題の例は非常に参考になる。全部で50題以上ある問題は、非常に有名な例題を多く含んでいるため、パズル問題の解き方・考え方を知るためには十分である。ただし、外資系のケース面接で扱われる問題は、以下の4つに分けられる。

①ブレインティーザー:論理力や発想力を試すなぞなぞや脳トレ・クイズのような問題
②市場規模推定問題:特定の商品の市場規模推定。下記の例題②はこれに含まれる。
③ファクター問題:大きな影響を及ぼす要因は考慮すべき要素を問う問題
④ビジネス・ケース:
企業のデータに基づいて、企業の業績改善や種々の戦略を考えさせられる問題

本書が扱っているパズル問題とは、①や②のような問題のことである。全ての問題において論理的な思考力が試されるに相違ないが、パズル問題とビジネス・ケース問題では全く異なる対策方法が必要であるのは言うまでもない。パズル問題には本書や『外資系企業がほしがる脳ミソ―採用試験の定番! 問題解決力を試す60問』 が、③や④の問題には『戦略コンサルティング・ファームの面接試験―難関突破のための傾向と対策』がそれぞれ適している。したがって、自分の希望する企業の面接傾向をしっかり把握して購入するべし。
 
<パズル問題の例題>
①ロシアンルーレットをしましょう。弾倉の隣り合った部分に2発の銃弾を入れて引き金を引きます。弾は発射されませんでした。ではもう一度引き金を引くとき、弾倉を回すべきですか?(あなたは生き残りたいという前提です。)
②日本にピアノの調律師は何人いるでしょうか。
 
 
どうだろう。あなたはスラスラ解けるだろうか。
ヒントを出すと、①は確率の問題、②はフェルミ推定と呼ばれる問題である。
 
 
<解答>
6発の弾倉の中に2発の弾が入っているということは、弾倉を回した後に弾が発射されない確率は2/3である。ここで一度引き金を引いて弾は発射されなかった。このとき4発分の空の弾倉は連続して隣り合っているので、一回目ではこの4発のどれかにあたったと考えられる。そして、この4発分の内、3発は隣も空であるため、3/4の確率でもう一度引き金を引いても弾は発射されない。弾倉を回せば全てがリセットされて2/3の確率で弾が発射されることを考えると、一回目に弾が発射されなかった前提の下では、弾倉を回さない方が生き残る確率が高い。
何のことはない、高校数学のレベルの問題である。ただ、面接というプレッシャーの中では非常に難しいと感じるだろう。そのプレッシャーをいかに跳ね返せるかが鍵である。
 
 
②フェルミ推定とは、実際に調査するのが難しいようなとらえどころのない量を、いくつかの手掛かりを元に論理的に推論し、短時間で概算することである。この問題を解く上で重要なのは、数値の正確さではなく、いかに自分が知っている情報を論理的に組み立てるかである。では、実際に解いてみよう。

 ピアノの調律師の数は、調律師の仕事の量と関係しているに違いない。その仕事の量は世界中のピアノの数と、それらがどれくらいの頻度で調律されるかによって決まるだろう。
 
 ピアノは何台あるのか。日本なら、学校、教会、ピアノバー、博物館などにあるが、何より家庭に所有されているものが一番多いだろう。ピアノは高価なので、ワンルームのアパートや寮などには持ち込めない。したがって、ピアノを所有する家庭は中流から上流階級の人に限られる。
 
 日本の人口は
12000万人程度とする。一世帯あたりの平均人数は3人とすると、4000万世帯ある。その内の裕福な側の半分である2000万世帯がピアノの主たる市場であり、裕福な世帯の中でピアノを所有している世帯は10%程度だろう。したがって、日本では200万世帯がピアノを所有している。これが日本に存在するピアノの台数である。
 
 このピアノを維持するために必要な調律師の数はいくらか。平均的な調律師が週に
40時間働くとする。ピアノを調律するには移動時間も含めて、一台あたり2時間程度か。すると、一人の調律師は一週間で20台のピアノを調律する。一年を50週とすると年間に1000台調律できる。
 
 ピアノの調律が一年に一度行われるとすれば、調律師が一年に
1000台の面倒をみることができるので、ピアノ1000台につき一人の調律師がいるものと予想できる。日本に200万台のピアノがあるとすれば、200万÷10002000人程度の調律師がいることになる。
 
以上がフェルミ推定の手順である。人それぞれ数字の割り振り方や仮定は違うだろうが、重要なのは論理性である。細かい数字に執着する必要は全くない。ただ、日本の人口などの常識的な数値は知っておく必要があるが。
 
 
こうした問題の解答は、練習によって大きな差がでてくる。初見でフェルミ推定が解ける人はほとんどいないだろうから、解けなかった人も悲観しなくて良い。これから就職試験を受ける人は練習すれば大丈夫であるし、就職活動が終わった人も、教養としてこの種の問題を解いてみてはどうだろうか。適度な頭の体操になる。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



2009-06-16(Tue) 12:25| ビジネス書| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら

カレンダー(月別アーカイブ)

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2019年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索

<古本市場>

Amazonでは中古品を出品者から購入すると必ず340円の送料がかかってしまいます。古本市場でなら、中古品でも2000円以上買えば送料無料です。中古品を買うなら古本市場がお勧めです。

<Amazon>

私もいつも利用しているAmazonです。洋書のベストセラーを読んで英語学習に役立ててみてはどうでしょう??

Ajax Amazon

レビュープラス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。