FC2ブログ

Time is money, ya know

プロフィール

Author:ydog
読んだ本を忘れてしまわないためのアウトプットの場。読んだ本の中でも是非皆さんに読んで頂きたい本を【お勧めの本】として紹介しています。本を選ぶ参考にしてみてください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

  • 未分類(3)
  • 日本文学(31)
  • 外国文学(4)
  • ビジネス書(21)
  • ミステリ(5)
  • 学術書(5)
  • 英語(1)
  • 仏語(2)
  • 政治(1)
  • 思想・哲学(2)
  • 自己啓発(7)
  • 評論(22)
  • ワイン(10)
  • お勧めの本(8)

リンク

RSSリンクの表示

FC2カウンター

<ブログを始めるなら>

ブログ 【FC2BLOG 容量1GBの簡単ブログ】

ブログを思い通りにカスタマイズしたいという方にはFC2ブログがお勧めです。初心者の方でも安心して使えます。ブログを作ったら、ブロともになりましょv(。・ω・。)

人生で特に影響を受けた本たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

『生と死の倫理―伝統的倫理の崩壊』

生と死の倫理―伝統的倫理の崩壊
生と死の倫理―伝統的倫理の崩壊Peter Singer

昭和堂 1998-02
売り上げランキング : 153586

おすすめ平均 star
star論理的に間違いはない
star愚直なまでに論理的
star徹底した論理構成と伝統的権利概念への固執

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本書は10年以上も前に出版されており、今日の医療技術の発展を考えると、医療現場における「死の定義」を考えるには少しばかり古い文献に分類されるかもしれない。しかしながら、豊富な事例を通じて経験的に新しい倫理観を構築していく試みは非常に参考になり、かつ納得できるものだった。

著者は哲学者として「死の定義」を再考する上で、我々の死生観が問われるような数々の事例を紹介していく。冒頭に紹介されるのは、アメリカで実際に起こった事例である。脳死と診断された女性が妊娠
17週目であり、退治を出産させるため、胎児が体外で生存可能な時期に至るまで女性を生命維持装置によって生き続きさせる。赤ん坊は無事出産され、女性の両親に引き取られることとなったが、これは倫理的に正しいのか、間違っているのか。

補足しておくと、第二章において紹介されるハーバード脳死委員会の定義、つまりは全脳死(脳幹を含む全ての脳機能の不可逆的停止)が、現在、先進国の間で最も主流な「死の定義」である。したがって、定義自体は本書が書かれた時点から大きく変化してきてはいないと思われるが、脳死の判定技術などは間違いなく進歩しており、新しい認定基準等も打ち出されていることだろう。ちなみに、日本では臓器移植法に基づき、臓器提供の場合に限って脳死が法律上の死とみなされる。脳死と判定するためには、(1)深いこん睡(2)瞳孔の散大と固定(3)脳幹反射の消失(4)平たん脳波(5)自発呼吸の消失、の全てを満たし、かつ6時間たっても状態が変わらないことを確認する必要がある。

脳死の患者はもちろんのこと、安楽死の問題や中絶の問題まで、取り上げられる事例は非常に幅広い。そうした事例を通じて、我々がこれまで抱いてきた生と死に関する5つの倫理的戒律を改め、新たに5つの戒律を定める。そして、それらの戒律によって、事例を検討していく。まさにシンガーが実践的であるといわれる所以である。彼が考え出した5つの戒律とは以下のものである。

 

Ⅰ.人命の価値が多様であることを認めよ。:人間本性や他者との関係などの倫理的に重要な特徴に応じて人間の価値を考える。例えば、意識のない生命はそれ自体価値がないが、他者との関係において価値が生ずる場合がある。そうした価値を前提にして、生命を維持・停止したときに発生する利益を「比較衡量」するのだ。

 

Ⅱ.決定したことの結果に責任をもて。:作為的行為だけでなく不作為においても責任が生ずる。したがって、行為(不作為)の過程ではなく結果において、その行為(不作為)が正しいか否か、もっといえばⅠの「比較衡量」が妥当に行われていたか否か、という点で行為者(不作為者)の責任が決まるのである。しかしながら、不作為を考慮すると責任の幅が無限に広がってしまうため、責任の範囲は将来追求されねばならない。

 

Ⅲ.生死に対する個人の欲求を尊重せよ。:「人格だけが生存権をもつ」ため、人格を本人の意思に反して殺すことは不正である。

 

Ⅳ.望まれた子どもだけを生め。胚の潜在性の議論は、「新たな人間が存在するよう促進するのはよいことだ」という前提が伴っているが、この前提は絶対ではない。その子の、そして親自身の人生をより良いものにするためにも、望まない子どもを中絶することは間違っていない。

 

Ⅴ.種の違いを根拠に差別するな。:程度の差こそあれ、人間と同様に、倫理的に重要な特徴をもっている動物達も保護されるべきである。つまり、倫理的に重要な特徴があることが生存権につながるのであり、その意味において、倫理的に重要な特徴を有しない人間の生命の価値とそのような特徴を有する動物を比較すれば、動物の方が価値があると考えることができるのである。したがって、前者の人間に対して後者の動物以上の保護を与えることは正当化できない。


これらの新たな倫理法則を平面的に受け取ってしまうと誤解が生まれてしまうだろう。私なりの解釈をすれば、シンガーは功利主義的立場に立ち、行為の結果がもたらす利益が最大になるよう判断するように提唱している。その上で、考慮すべき順番を戒律に付け加えれば、Ⅲ→Ⅰ・Ⅱ・Ⅳ(→Ⅴ)となるだろう。特に重視されるべきなのは「個人の人格」であり、それを念頭に置いた上で行為の結果がもたらす利益の程度が決まるからだ。

したがって、まず考慮すべきなのは人格を有する主体の意思である。母親はもちろんのこと、乳児に対しても人格が認められるべきであるが、この点について、シンガーは乳児の人格を生後4週目まで認めるべきではないという態度をとる。しかしながら、この判断には明確な根拠が示されず、人格を「理性と反省能力」、「将来的な計画ができる能力」を持つものと定義した上で、乳児においては単にそれを有する可能性が低いという理由のみに依拠している点が不適切である。人格の存在がほんの僅かでも期待されるなら(例えば脳波の有無などの指標によって)、乳児に対しても人格を認めるべきであると私は考える。

そして、仮に乳児に対して少しでも人格を認めるとするならば、当然、乳児より複雑な思考能力を持つ動物に対しても人格を認めなければならなくなり、動物を殺すことは出来なくなってしまう。その点において、私はⅤの戒律を疑問視する立場であり、人間至上主義を推しているというわけではないが、人間と動物との間には明確な線引きをするべきであると思う。人間が有する数々の特徴を動物が有しているという理由で、人間と動物を同等に扱うべきではない。もちろん、これは動物を無作為に殺すことを擁護するという結論には帰結しない。

以下、Ⅴの戒律を批判していく。

シンガー自身が認めているように、人間が人間であるために不可欠な要素は人格である。そして、人格に類似した要素が他の動物種にも見られ、かつそうした動物種に対して我々が従属的な関係を強いている(この従属的関係性をシンガーは批判していない)という点において、それらの動物達と同程度の人格しか有しない人間の意志をそれらの動物達よりも上等に扱うべきではないと論ずる。この見方は、種という区切りを無くし、人格という要素によって生物全般の価値を図ろうとする試みだといえる。しかしながら、種という区切りは軽視されるべきものではない。一つの種が同種の仲間を他の種よりも特別視(敵視も含む)することは当然である。その点で、新生児の意識レベルが動物よりも低いからといって、それだけで人間という種を人間が軽視してよいという根拠にはならない。これは論理的よりも生物学的本能によって導かれるものではないだろうか。

このように、新生児の意識の有無と、人間という種それ自体を軽視する立場について私はシンガーに反対であるが、その他の部分、つまり功利主義的立場によって「生と死の倫理」を考える点については大いに賛成である。古い価値観も大切だが、それにばかり囚われていては、進歩は望めない。時代の変化に沿って柔軟に価値観を適応させていくことが私達には必要であり、一人ひとりがその価値観を考えていかなければならないのである。そのような価値観を考えていく上の一つの指標として、功利主義は論理的に物事を捉えることのできるのではないだろうか。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



2010-01-27(Wed) 15:23| 評論| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら

カレンダー(月別アーカイブ)

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2019年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索

<古本市場>

Amazonでは中古品を出品者から購入すると必ず340円の送料がかかってしまいます。古本市場でなら、中古品でも2000円以上買えば送料無料です。中古品を買うなら古本市場がお勧めです。

<Amazon>

私もいつも利用しているAmazonです。洋書のベストセラーを読んで英語学習に役立ててみてはどうでしょう??

Ajax Amazon

レビュープラス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。