FC2ブログ

Time is money, ya know

プロフィール

Author:ydog
読んだ本を忘れてしまわないためのアウトプットの場。読んだ本の中でも是非皆さんに読んで頂きたい本を【お勧めの本】として紹介しています。本を選ぶ参考にしてみてください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

  • 未分類(3)
  • 日本文学(31)
  • 外国文学(4)
  • ビジネス書(21)
  • ミステリ(5)
  • 学術書(5)
  • 英語(1)
  • 仏語(2)
  • 政治(1)
  • 思想・哲学(2)
  • 自己啓発(7)
  • 評論(22)
  • ワイン(10)
  • お勧めの本(8)

リンク

RSSリンクの表示

FC2カウンター

<ブログを始めるなら>

ブログ 【FC2BLOG 容量1GBの簡単ブログ】

ブログを思い通りにカスタマイズしたいという方にはFC2ブログがお勧めです。初心者の方でも安心して使えます。ブログを作ったら、ブロともになりましょv(。・ω・。)

人生で特に影響を受けた本たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

『はじめての社会保障 第7版―福祉を学ぶ人へ』

はじめての社会保障 第7版―福祉を学ぶ人へ (有斐閣アルマ)
はじめての社会保障 第7版―福祉を学ぶ人へ (有斐閣アルマ)
有斐閣 2009-03-28
売り上げランキング : 50601

おすすめ平均 star
star網羅性・正確性は元厚生官僚ならでは

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

大学の教授曰く、「福祉制度の入門書としては最適」の一冊。時々おかしな日本語が目立つ点を除いては、福祉制度の概要が網羅されている良書だった。私はとっくに20歳を越えて国民年金を払わなければならない年になっているが、親が私の年金を立て替えてくれているため、自分で実際に支払ったことはまだない。そもそも国民年金以外に自分が利用できる社会保障があるのかさえ定かではない。社会人を目前に控えながらにしてこのままではまずいと思い、社会保障を勉強していく入門書として本書を手に取った。元厚生官僚の大学教授らが手がけているだけあって、図と表を効果的に用いた説明は非常に簡潔で分かりやすい。
 
日本の社会保障制度は問題だらけなどという考えを漠然と持っていながら、その実、社会保障制度のどの辺りが問題なのかを私自身はこれまでじっくり考えてみたことがなかった。本書を読んでみて、やっと考えるための土台が整ったというところか。
 
そもそも一口に社会保障制度といっても、公的扶助、社会保険、社会福祉制度という三種類の分類があり、財源の徴収の仕方や給付方法などもそれぞれ異なる。各制度が保護している対象を考えれば、自ずと各制度が有すべき特徴が現れてくるのは興味深かった。現存の複雑そうに見える社会保障制度も、その歴史を紐といていけば、現在の姿になるべくしてなったといえる。では、そのように進化してきたはずの社会保障制度が持つ弊害とは一体何か。現在の格差社会の議論と合わせて、この問題については関連書籍をもっと読んでから考えていきたい。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



2009-11-05(Thu) 00:10| 評論| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら

カレンダー(月別アーカイブ)

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2019年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索

<古本市場>

Amazonでは中古品を出品者から購入すると必ず340円の送料がかかってしまいます。古本市場でなら、中古品でも2000円以上買えば送料無料です。中古品を買うなら古本市場がお勧めです。

<Amazon>

私もいつも利用しているAmazonです。洋書のベストセラーを読んで英語学習に役立ててみてはどうでしょう??

Ajax Amazon

レビュープラス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。