FC2ブログ

Time is money, ya know

プロフィール

Author:ydog
読んだ本を忘れてしまわないためのアウトプットの場。読んだ本の中でも是非皆さんに読んで頂きたい本を【お勧めの本】として紹介しています。本を選ぶ参考にしてみてください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

  • 未分類(3)
  • 日本文学(31)
  • 外国文学(4)
  • ビジネス書(21)
  • ミステリ(5)
  • 学術書(5)
  • 英語(1)
  • 仏語(2)
  • 政治(1)
  • 思想・哲学(2)
  • 自己啓発(7)
  • 評論(22)
  • ワイン(10)
  • お勧めの本(8)

リンク

RSSリンクの表示

FC2カウンター

<ブログを始めるなら>

ブログ 【FC2BLOG 容量1GBの簡単ブログ】

ブログを思い通りにカスタマイズしたいという方にはFC2ブログがお勧めです。初心者の方でも安心して使えます。ブログを作ったら、ブロともになりましょv(。・ω・。)

人生で特に影響を受けた本たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

『国家の品格』

国家の品格 (新潮新書)
国家の品格 (新潮新書)
新潮社 2005-11
売り上げランキング : 3544

おすすめ平均 star
starこれでいいと思う。
star説明内容に論理の一貫性、整合性がない、「玉石混交」の書
star「日本人としての使命」を再確認させてくれた

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アメリカ流の論理敬重主義に疑問を唱え、昔から日本人が重んじてきた「情」や「形」を論理的思考に加えることで初めて人間的な総合判断能力が十全なものとなると説く著者は、「情」や「形」を育んできた武士道精神が現在の日本において失われつつあることを嘆く。そして武士道精神の復興こそ、日本が国家の品格を取り戻すということであり、世界で独自の地位を築いていくために必要なことだと主張する。
 
最近、「日本のために」などと主張する者は全て右寄りの人間だと白い目で見られることが多い。日本人として日本を愛するというのは非常に自然なことであると思うのだが、愛国心=軍国心と捉え、学校で国歌を歌わないことを正当化するような人々が増えてきたのはどうしてなのか。彼らは「自由」の意味を履き違えているように思える。
 
我々が国家に属している以上、完全なる自由というものはあり得ない。私達は、法律を初めとして、道徳的な規則や社会的価値観によってがんじがらめにされているのが現状だ。しかしながら、自由を失う代償として、私達は日本という国家から大きな恩恵を受けているのではないか。社会保障などによる保護はいうまでもなく、企業に対する公的資金の援助など、国家が国民の保護のために行っている政策を数え上げればきりがない。第一、日本国という存在がなければ、私達の住んでいる土地などは他国から侵略され跡形もないだろう。日本という国を当たり前のものとして考えるのではなく、感謝できる対象として少しでも捉えることができれば、自らの自由だけを主張するような身勝手はできないはずである。
 
こうした「感謝できる心」は道徳教育の賜物であると思われる。日本的な道徳教育として「武士道精神」を著者は挙げているが、これは少し誤解を招くものかもしれない。著者のいう武士道精神とは、中世の武士たちの倫理とはまるで正反対の、近代になって捏造された「理想の日本人像」でしかないからだ。本来の武士道とは、戦乱の世の中で培われてきた究極の実力主義と冷徹なリアリズムである。したがって、著者が武士道という言葉を用いる際は、強きをくじき弱きを助ける理想の日本人像のことを意味していると考える必要がある。話が少し逸れてしまったが、要するにこのような日本的道徳観が現代の論理主義に付加されることで、他人の心の痛みが分かる「真のエリート」が生まれるのだ。そして「真のエリート」による国家の統制こそが最も優れた国家体制であると考える著者に私は大いに賛成である。
 
しかしながら、民主主義をやめて独裁体制を敷くというわけにもいかない。確かに、「真のエリート」が自らの構想を現実にするために必要な広い裁量をある程度持てるように、現行制度を改変することも必要になってくるのかもしれない。ただ、より重要なのは、今ある民主主義の中において、民意によって選ばれた政治家が「真のエリート」であるという確率を少しでも上げることである。国歌を歌う、歌わないなどと議論している場合ではない。日本がさらに繁栄し、私達がその繁栄からもたらされる恩恵を享受するためには、日本の全国民が一人ひとり日本人であるという自覚を持って、理想の日本精神を後世に育んでいかなければならないのだ。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



2009-10-10(Sat) 01:29| 評論| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら

カレンダー(月別アーカイブ)

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2018年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ内検索

<古本市場>

Amazonでは中古品を出品者から購入すると必ず340円の送料がかかってしまいます。古本市場でなら、中古品でも2000円以上買えば送料無料です。中古品を買うなら古本市場がお勧めです。

<Amazon>

私もいつも利用しているAmazonです。洋書のベストセラーを読んで英語学習に役立ててみてはどうでしょう??

Ajax Amazon

レビュープラス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。