FC2ブログ

Time is money, ya know

プロフィール

Author:ydog
読んだ本を忘れてしまわないためのアウトプットの場。読んだ本の中でも是非皆さんに読んで頂きたい本を【お勧めの本】として紹介しています。本を選ぶ参考にしてみてください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

  • 未分類(3)
  • 日本文学(31)
  • 外国文学(4)
  • ビジネス書(21)
  • ミステリ(5)
  • 学術書(5)
  • 英語(1)
  • 仏語(2)
  • 政治(1)
  • 思想・哲学(2)
  • 自己啓発(7)
  • 評論(22)
  • ワイン(10)
  • お勧めの本(8)

リンク

RSSリンクの表示

FC2カウンター

<ブログを始めるなら>

ブログ 【FC2BLOG 容量1GBの簡単ブログ】

ブログを思い通りにカスタマイズしたいという方にはFC2ブログがお勧めです。初心者の方でも安心して使えます。ブログを作ったら、ブロともになりましょv(。・ω・。)

人生で特に影響を受けた本たち

アメリカ人旅行者とメキシコ人漁師のお話

メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。

メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってき た。
その魚はなんとも生きがいい。
それを見たアメリカ人旅行者は、
「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの。」と尋ねた。
すると漁師は「そんなに長い時間じゃないよ。」と答えた。
旅行者が「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ。」と言うと、
漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。
「それじゃあ、余った時間でいったい何をするの。」と旅行者が聞くと、漁師は「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。
戻ってきたら子供と遊んで、女房とシエスタして。夜になったら友達と一 杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね。」

すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。
「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、きみにアドバイスしよう。
いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。
それで余った魚は売る。お金が貯まったら大きな漁船を買う。
そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。
その儲けで漁船を2隻、3隻と増や していくんだ。
やがて大漁船団ができるまでね。
そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。
自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。
その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキソコシティに引っ越し、ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。きみはマン ハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ。」

漁師は尋ねた。
「そうなるまでにどれくらいかかるのかね。」
「20年、いやおそらく25年でそこまでいくね。」
「それからどうなるの。」
「それから? そのときは本当にすごいことになるよ。」と旅行者はにんまりと笑い、
「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ。」
「それで?」

「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、日中は釣りをしたり、子供と遊んだり、奥さんと昼寝して過ごして、夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。どうだい。すばらしいだろう。」

--------------------------------------------------

The American Tourist and Mexican Fisherman

An American tourist was at the pier of a small coastal Mexican village when a small boat with just one fisherman docked.


Inside the small boat were several large yellowfin tuna. The tourist complimented the Mexican on the quality of his fish and asked how long it took to catch them.
The Mexican replied, "Only a little while."
The tourist then asked, "Why didn't you stay out longer and catch more fish?"
The Mexican said, "With this I have more than enough to support my family's needs."
The tourist then asked, "But what do you do with the rest of your time?"
The Mexican fisherman said, "I sleep late, fish a little, play with my children, take siesta with my wife, Maria, stroll into the village each evening where I sip wine and play guitar with my amigos, I have a full and busy life."


The tourist scoffed, "I can help you. You should spend more time fishing; and with the proceeds, buy a bigger boat: With the proceeds from the bigger boat you could buy several boats. Eventually you would have a fleet of fishing boats. Instead of selling your catch to a middleman you would sell directly to the processor; eventually opening your own cannery. You would control the product, processing and distribution. You could leave this small coastal fishing village and move to Mexico City, then Los Angeles and eventually New York where you could run your ever-expanding enterprise."

The Mexican fisherman asked, "But, how long will this all take?"
The tourist replied, "15 to 20 years."
"But what then?" asked the Mexican.
The tourist laughed and said, "That's the best part. When the time is right you would sell your company stock to the public and become very rich, you would make millions."
"Millions…? Then what?"

The American said, "Then you would retire. Move to a small coastal fishing village where you would sleep late, fish a little, play with your kids, take siesta with your wife, stroll to the village in the evenings where you could sip wine and play your guitar with your amigos."

--------------------------------------------------


2ch
から引用させて頂いた。

生活の中における労働とは結局のところ、当人の価値観に合っていればそれで良いのだ。

自分自身が納得していれば、誰に何をいわれようとも恥じることはない。

あくせく働かず、のんびりとした人生を送りたいと考える漁師。
一財産を築くまで死ぬ気で働いて、それからのんびりと過ごせば良いと考える旅行者。

今の生活を続ければ、ただの漁師として一生は終わってしまう。
しかしながら、がむしゃらに働いた先で奥さんや友人は待っていてくれるのか。

どちらを選んでも何かを捨てなければならない。

どちらを選べば良いのか。

その答えは風に吹かれている。

[高画質で再生]

風に吹かれて/ BOB DYLAN [ネットショップ開業]
スポンサーサイト



クリックで応援ヨロシクお願いします。



2010-02-27(Sat) 09:05| 未分類| トラックバック 0| コメント 0

『脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める』

脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)
脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)
日本放送出版協会 2006-11
売り上げランキング : 193

おすすめ平均 star
star著者の誠実なお人柄が伝わってきました。
star普段の生活から
star臨床に裏付けられた説得力のあるアドバイス

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

脳神経外科専門医の著者が、医学的な観点を踏まえつつ、脳が冴えるために必要な生活習慣のあり方を紹介する。これらの習慣を私自信の生活に取り入れるべく、備忘録のような形でここに記しておこうと思う。
 
生活リズムを保ち、起きてから脳のウォーミングアップをすることで、脳機能を目覚めさせる。
<ウォーミングアップの方法>
散歩などの軽い運動、部屋の片づけ、料理、
ガーデニング、挨拶+一言、
10分以上の音読
 
②脳の基本回転数それ自体は鍛えることができない。しかしながら、仕事に時間制限を設けることで、意識的に回転数を上げることはできる。つまり、生活の中に常に「試験を受けている状態」を作ることが重要である。
・・・情報処理などの仕事(インテリジェンスを使う仕事)はこの方法が効果的だがインテレクチュアルな創作活動はこの限りではないと思う。

③睡眠中に思考は整理される。「睡眠も思考の一部」であり、そのためには最低でも6時間の睡眠が必要である。
・・・昼休みに30分だけ昼寝をするのも脳を休ませる上で効果的であると何かの本で読んだので、6時間睡眠に30分昼寝というリズムを試してみよう。
 
④判断力を司る前頭葉の力を鍛えるには、選択・判断・系列化が含まれる活動(EX. 家事)をするべし。
 
⑤情報処理(EX. 机の整理、名刺の管理、初対面の人との対応)にルールを作り、選択・判断を効率化する。
 
⑥机の整理は思考の整理。
 
⑦脳の健全な働きを保つために、積極的に目を動かし、耳を使って主体的に情報を得る。
・・・現代はナビゲーション社会であるため、主体的に情報を得る機会が減っている。その分、常日頃から意識して主体的に情報を得ていく必要がある。
 
⑧報告書やブログを書いて考えをまとめることで記憶の定着を図り、使える記憶を増やす。
⑨メモや写真などを手掛かりにして、長い話を組み立てる訓練をする。
⑩たとえ話を交えた話をする。
話術・表現力を豊かにするための訓練
 
⑪適度な運動と腹八分目の食事によって脳の健康を管理する。
⑫病院で定期的な検査を受ける。
・・・著者は、MR検査によって脳を分析することで、患者さんに最適な脳の使い方や鍛え方を処方している。

失敗ノートを作って、失敗を分析する。
・・・大きな失敗は小さな失敗の積み重ねであるため、分析は小さな失敗から行うとよい。
⑭創造力とは情報を組み合わせ、統合していく力である。様々な事に挑戦して見聞を広め、マルチな活動をすることでアイデアの元となる豊富な情報・素材を仕入れておくことが大切である。
⑮お互いに好意的に評価し合えるような人間関係を作ることで、日々の活動の意欲を常に保てるようにする。
⇒仕事をしていく上で役立つ習慣
 
脳の働きを活性化させるために必要な習慣から始まり、病院での検査から人間関係の構築まで本書の内容にまとまりがなかったため、少し私なりに補足しているところもある。社会に出てからも忘れずに実行していきたい。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



2010-02-20(Sat) 15:29| 自己啓発| トラックバック 1| コメント 0

『反貧困―「すべり台社会」からの脱出』

反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)
反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)
岩波書店 2008-04
売り上げランキング : 1035

おすすめ平均 star
star現場の状況がわかる
star貧困について
star一体,我々はどこに向かっているのか?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

日本には、雇用(労働)、社会保険、公的扶助という三段階のセーフティネットが存在する。真面目に働いていれば、正規雇用である限り一定の給与は保証されるし、仮に失業すれば失業給付を受けることができ、その間に職を探すことができる。それでも職が見つからず、財産も底をついてしまったという場合には、最後の手段として生活保護制度によって最低限の保証を受けることができる。しかしながら、この三層のネットが機能する対象は、全国民ではない。現在の労働者の34%総務省調査)を占める非正規労働者の場合、より高い失業リスク、非正規であるがゆえの無保険、さらには生活保護受給申請の困難さという三層それぞれの穴に続けて落ち込んでしまう。つまり、非正規であるがゆえに最初の穴から落ちてしまえば、あとの二層は素通りである。このような社会を著者は「すべり台社会」と呼ぶ。
 
では、非正規雇用にしかつけない人間が悪いのだろうか。センの「貧困はたんに所得の低さというよりも、基本的な潜在能力が奪われた状態とみられなければならない」(『自由と経済開発』)という主張を引用しながら、著者は、この「潜在能力の欠如」という概念に対応するものとして「溜め」という概念を紹介する。「溜め」とは、お金や人間関係などの様々なものに対して我々が備えている蓄えのことであり、例えば貯金などは分かりやすい金銭的な「溜め」であり、困ったときに助けてくれる友人や知人、親の存在も人間関係の「溜め」であると解釈できる。そして、「貧困とは、このようなもろもろの溜めが総合的に失われ、奪われている状態である」(P80)と定義でき、著者は、彼らは何の努力もしていないという「自己責任論」に対して、「自己責任論とは「他の選択肢を等しく選べたはず」という前提で成り立つ」ものであると反対する。
 
著者の自己責任論への反論が少し不十分な気がするので少し補足させて頂く。
そもそも、人間は平等ではない。個々の能力や容姿に始まり、家柄や親族の地位などの人間関係、さらには社会環境まで含めれば、平等などとは絶対にいえない。したがって、このような「溜め」の有無も、一見すればその不平等の一環であると捉えることができるように思える。しかしながら、親族からの援助もなく、高校を卒業して大学にもいけず、低賃金・重労働の中で職を転々とする生活をしている人が「溜め」を作ろうとしても、ラットレースをひたすら走り続けるに終始してしまうのである。そのような人が「溜め」を作るには、それこそ人に好かれる才能であるとか、勉学に秀でた(努力のできる)才能であるとか、生来の「溜め」の欠如を補うだけの人一倍優れた性質を本人自身が持っていない限り難しい。では、そのような優れた才能を持っている人間が貧困層にどれだけいるのだろうか。そして、そのような才能の欠如と「溜め」の欠如が相まっている人に対して、自己責任という言葉だけで片付けてしまってよいのだろうか。
 
繰り返すが、人間は平等ではない。これまでの議論からかなり大まかに大別すれば、才能と「溜め」の両方を欠いている者、どちらか一つを有している者、双方を有している者の4種類に分けることができる。つまり、才能と「溜め」の両方を有していなくとも、どちらか一方でも有していれば大抵は生きていくことができるのである(むしろ、どちらか一方を有していたにも関わらず貧困に落ちるような人こそ自己責任といえるかもしれない)。しかしながら、双方を欠いている人間についてはどうか。現在の日本における真の問題は、この双方を欠いている人間が底辺から這い上がることができないという「貧困から抜け出す機会の欠如」にあるといえるだろう。「溜め」と才能を欠いた人間(こういえば聞こえは悪いが、すなわち一般的な能力を有する人間のことである)が、ゼロからでも「溜め」を作り出していけるような、つまりは貧困から脱出できるような社会を作ることが国家の役割なのではないのだろうか。
 
そのためにはやはり最低賃金の引き上げが必要なのか・・・まだ知識が足りないので、これについては日を改めて考察したい。
 
先進国の中では珍しく、日本には貧困指標が存在しない。そのため、日本における「公的貧困ライン」というのは、生活保護受給者が毎月受け取る金額であると解釈するしかない。実際に、地方税を初めとした減免制度やその他の様々な低所得者向けのサービスは、生活保護基準に連動した制度となっている。この基準を前提に置けば、生活保護基準を下回る消費水準の人々がいる事実を理由に、生活保護水準を切り下げるという政策がいかに本末転倒かわかるだろう。子どもの養育費を捻出するために消費を限界まで切り詰めている世帯の実情などは考慮せず、数字上の比較のみを根拠に生活保護基準を切り下げる。そして、生活保護水準を切り下げれば、収入が増えたわけでもないのに就学援助等の低所得者向けサービスを受けられなくなった人々の負担は増加し、彼らの消費水準はさらに低下する。低下した消費水準に比較され、さらに生活保護基準が下がる。まさに「底辺に向かう競争」(P191)である。必要なのは相対的ではない絶対的な貧困基準だ。低所得者の人々の生活実情を考慮せず、形式的な数字のみで相対的に国民生活を測る行為は、憲法25条を遵守しているとはいえない。
 
本書では生活保護の受給の難しさ、いわゆる「水際作戦」についても詳しい事例とともに紹介されていた。また、自分の地域の生活保護費を計算できる生活保護費自動計算が著者の活動する「NPO法人自立生活サポートセンター・もやい」で配布されている。自分の給与と比較する参考にしてもらいたい。
 
~メモ~
失業者300万人に対して移民を受け入れる意味
最低賃金引き上げの効果

クリックで応援ヨロシクお願いします。



2010-02-14(Sun) 12:21| 評論| トラックバック 0| コメント 0

『人間の安全保障』

人間の安全保障 (集英社新書)
人間の安全保障 (集英社新書)Amartya Sen

集英社 2006-01
売り上げランキング : 27871

おすすめ平均 star
star新書版の論文集。分かりやすいが、読みづらい。
star人は人として人に何をするべきなのか
star訳のせいか・・?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

国際連合によれば、「人間の安全保障」とは、「武力紛争、暴力、貧困、環境破壊、HIV/エイズを含む感染症など世界の人々が直面する広範で深刻な脅威に対し、人間の視点から より包括的で 効果的に対処していこうとする考え方」のことであり、1994年に国連開発計画(UNDP)が『人間開発報告』で初めて打ち出した。しばし誤解されるが、センが同概念を考え出したのではない。しかしながら、地球温暖化を証明したわけではないのにもかかわらず、アル・ゴアがノーベル平和賞を受賞したのと同様に、センは「人間の安全保障」という概念に注目し世界に広めることに成功した。本書は「人間の安全保障」という概念に留まらず、グローバル化やインドの核政策など幅広い分野と関連させながら、「人間の安全保障」を達成していくことの重要性について論じられている。
 
「人間の安全保障」を達成するにあたり、センは基礎教育が最も重要であると冒頭で述べる。学校教育は欠乏状態を根本的に解決するが、それ以上に私達のもつ多様性や世界を自由かつ論理的に認識する力を与えてくれる。多様性を容認せず、世界を白か黒かで判断する姿勢は、紛争の原因になりうる。もちろん、多様性を理由に全てを許容してよいわけではない。何が正しくて何が間違っているのか。それを人々が自由に議論し考えていく前提として、基礎教育が必要なのである。
 
例えば、センはグローバル化や民主主義化の趨勢を西洋文化の押し付けと考えるべきではないと説く。グローバル化は途上国に貧困をもたらすという議論があるが、では市場経済よりも閉鎖経済を採用するべきなのだろうか。確かに現在の状況をみれば、多くの途上国が先進国に搾取されているようにみえる。しかしながら、この不平等の原因はグローバル化それ自体にあるのではなく、現行の利益配分の制度がバランスを欠いていることにあるのである。
 
また、民主主義の拡大についても、ロールズの「公共の理性の実践」を参考にし、「市民が政治議論に参加して、公共の選択に影響を及ぼす機会」を民主主義の概念と捉えるべきと説く。つまり、民主主義とは単に普通選挙を導入することではなく、公共の場における多様性を導入するための制度なのである。こうした開かれた社会というのは、歴史上、世界各地において例がみられる。したがって、民主主義を西洋文化とみなすべきではないのである。
 
グローバル化と民主主義について、それらを導入することが絶対に正しいとセンは主張していない。グローバル化と民主主義についての批判を精査し、両者を論じていくうえでの正しい議論の方法を提示しているだけである。そしてまさに、こうした論理的かつ多面的見地を可能にするのがセンの主張する基礎教育だと捉えることができるのだ。
 
こうした議論の姿勢は人権を論じる際にも当てはまる。人権という概念を正確に定義する必要はないとセンは言う。それよりも、「問題となるケースに関連した要因に留意しながら、倫理的に何をすべきか、自ら進んで検討すること」(P157)こそ重要なのである。
 
 
「人間の安全保障」を国際関係の側面から見ると、他国内における人間の保護を理由に国家主権を排除するための論理として用いられることが多々ある。NATO空爆に代表されるアメリカの武力行使などは正にその例であって、私自身も「人間の安全保障」を同様の意味で捉えてきた。しかしながら、センによれば「人間の安全保障」とは、途上国開発における「人間的発展」という概念と、人権という概念の双方を補完するものなのである。つまり、途上国開発において、経済が発展していく上で人間の生活の妨げになる障害や不平等な利益の配分を除去することを目的とする「人間的発展」に対して、経済の停滞における社会的弱者の保護を目的とするのが「人間の安全保障」なのである。また、人権との関係については、
 
<人権>の概念はもともと、基準を確立する性質のものであって、具体的にどの自由が重要で、社会がそれらを承認し保護し促進すべきか、といった問題には答えていません。その点、<人間の安全保障>は、新旧それぞれの不安定な状況からの解放が重要であることの確認に、いちじるしく貢献します。(P41)
 
つまり、一般的な枠組みとして考えられる人権に「不安定な状況を克服する重要性」を提示することで、どの人権を優先すべきかを決める基準と成る概念が「人間の安全保障」ということなのだろう。
 
センは何が正しいとか間違っているといった判断は下さない。ただ、そうした判断を人々が議論することの重要性を説くのである。それは民主主義によってしかなしえない。その点において、私は民主主義を擁護するセンに賛成するものである。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



2010-02-10(Wed) 19:30| 評論| トラックバック 0| コメント 0

『経営論』

経営論 (日経ビジネス人文庫)
経営論 (日経ビジネス人文庫)
日本経済新聞出版社 2007-12-03
売り上げランキング : 236434


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

筆者は、2010年現在、オリックス株式会社取締役兼代表執行役会長・グループCEOを勤める日本きっての経営者である。彼はワシントン大学においてMBAを取得しているため、私としてはかなり本格的な経営論を期待していたのだが、本書は彼が考える企業のあり方について非常に平易な文体で書かれており、万人向けともいえる内容だったのが物足りなかった。しかしながら、彼の経営哲学は知っていおいて損はない。
 
宮内は、日本企業の経営を「ステークホルダー資本主義」と評する。これは仕入先や販売先、従業員など企業を取り巻く全ての利害関係者に対して気を配る経営のことであり、企業価値の最大化を図るアメリカの「株主資本主義」と対比して、日本企業の社会におけるオーバープレゼンスの原因になっているものである。終身雇用制度などが端的な例であり、日本企業は自社の利益を最大化することではなく、社会から期待される役割を果たすことに心血を注いできた。こうした非効率なシステムが日本の停滞の原因であり、日本企業はより効率的な経営を目指して「株主資本主義」に移行するべしと主張する。
 
そのための手段として挙げられるのが、コーポレート・ガバナンスの導入だ。コーポレート・ガバナンスとは「経営者が株主のために企業経営を行っている監督する組織」のことである。この「監督」を充実させるために、執行役員制度によって監督権限と執行権限を分離させる。つまり、経営の監督を取締役が行い、業務執行を執行役員が行うのである。
 
加えて、コア社員と成功報酬型社員を共存させるという考え方も興味深かった。これからの知識社会においては、企業内の情報をかき回しながら新しい知恵を創造していくことが重要になってくる。そして、知を創造することのできる中心的な社員(=コア社員)を長期的に雇用していく一方で、その周辺に高い専門性を持った人材を成功報酬型の条件で配置していく。つまりは、日本の終身雇用制度とアメリカの成功報酬型制度を組み合わせた新しい雇用制度を作り出すのだ。
 
日本の企業も変革を求められている。変化する時代に合わせて、柔軟に制度や組織を変えていかない限り、世界の企業と対等に渡り合うことはできないだろう。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



2010-02-02(Tue) 21:49| ビジネス書| トラックバック 0| コメント 0

カレンダー(月別アーカイブ)

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2010年02月 | 03月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -


ブログ内検索

<古本市場>

Amazonでは中古品を出品者から購入すると必ず340円の送料がかかってしまいます。古本市場でなら、中古品でも2000円以上買えば送料無料です。中古品を買うなら古本市場がお勧めです。

<Amazon>

私もいつも利用しているAmazonです。洋書のベストセラーを読んで英語学習に役立ててみてはどうでしょう??

Ajax Amazon

レビュープラス