FC2ブログ

Time is money, ya know

プロフィール

Author:ydog
読んだ本を忘れてしまわないためのアウトプットの場。読んだ本の中でも是非皆さんに読んで頂きたい本を【お勧めの本】として紹介しています。本を選ぶ参考にしてみてください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

  • 未分類(3)
  • 日本文学(31)
  • 外国文学(4)
  • ビジネス書(21)
  • ミステリ(5)
  • 学術書(5)
  • 英語(1)
  • 仏語(2)
  • 政治(1)
  • 思想・哲学(2)
  • 自己啓発(7)
  • 評論(22)
  • ワイン(10)
  • お勧めの本(8)

リンク

RSSリンクの表示

FC2カウンター

<ブログを始めるなら>

ブログ 【FC2BLOG 容量1GBの簡単ブログ】

ブログを思い通りにカスタマイズしたいという方にはFC2ブログがお勧めです。初心者の方でも安心して使えます。ブログを作ったら、ブロともになりましょv(。・ω・。)

人生で特に影響を受けた本たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

『ジャーナリズム崩壊』

ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書)
ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書)
幻冬舎 2008-07
売り上げランキング : 4778

おすすめ平均 star
starジャ−ナリズム復活せず
starサラリーマン根性で権力の監視なんて笑止千万
star数冊ある本の1つとして

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最近、友人とメディアの力について議論することがあったので、現代のジャーナリズムを知るために本書を購入した。というのも、著者はNHK報道局、The New York Timesに勤務し、現在はフリーランスのジャーナリストという経歴を持っている。したがって、本書からは海外メディアと日本メディアを比較した興味深いジャーナリズムの実態が垣間見ることができるのではと考えたのだ。予想通り、非常に有益なジャーナリズムの現場レポを読むことが出来た。
 
まず、ジャーナリズムの定義とは海外と日本で大きく異なる。海外のジャーナリズム(いわゆるグローバルスタンダードのジャーナリズム)とは、時事的な事象に解説や批評を加える活動のことであるが、日本のジャーナリズムはワイヤーサービス(速報性を最優先業務とするメディアであり、通信社のサービスがこれに当たる)までを含む。したがって、海外においては、事実関係の報告のみで新聞記事が終わっていることはまずなく、事件の背景についての詳細なレポートが付随する。日本の記者は事件が起こるたびに右往左往して現場に駆けつけなければならないが、海外の記者は専らジャーナリズムの仕事に専念するため、人員が少数であっても記事の分量・質ともに充実したものになるのだ。
 
また、日本のジャーナリズムでは、言論を司る記者が本社の運営を担う経営者に出世していく。これは海外メディアでは考えられないことだ。海外では、記者採用、経営スタッフ採用といった具合にキャリアが完全に分断されており、お互いがお互いの仕事に口を出すことは決して出来ない。記者と経営者というキャリアが同一直線上にあると、記者は将来の出世のために経営者側からの圧力を甘んじて受け入れなければならなくなるからだ。
 
そして日本の政治記者においては、担当する政治家があらかじめ決められ、担当した政治家の出世如何が自らの出世に大きく影響する。この制度によって、一人の政治家に記者がずっと張り付く(もちろんある程度の話題性を持った政治家に限るだろうが)という無駄になるだけでなく、担当した政治家の批判記事を書くに書けないというようなジレンマまで生まれてしまう。自然と、記者は政治家と癒着し、ジャーナリズムの本来の役割である権力の監視という仕組みが全く働かなくなってしまう。
 
このような日本のジャーナリズムと公権力との癒着が端的に現れている事例が、「記者クラブ」の存在だろう。記者クラブ主催の会見にメンバー以外の人間が参加するには推薦状等の諸条件があり、仮に参加できてもオブザーバーとして出席できるだけで質問もできない。こうした閉鎖的な記者クラブは、上述した公権力と癒着したメディアによって運営されているのであるから、記者クラブ自信が主張する「記者クラブが権力の監視に一役買っている」という論理は到底成り立たないだろう。
 
日本のジャーナリズムは遅れている。公権力との癒着に始まり、クレジット(情報源)の曖昧な匿名記事がまかり通る。自分が書いた文章に責任を持たなくても良いというメディアの態度は、本来のジャーナリズム精神から著しく外れているのは明らかである。だから私は日本の新聞を読まない。事実関係の確認であれば、インターネットの方が速い。一歩踏み込んだ解説であれば、雑誌や本のほうが優れている。日本のジャーナリズムの先進を願う今日であるが、政権発足初日から鳩山内閣はさっそく記者会見のオープン化という約束を破り、閉鎖的な会見を断行した。やはりジャーナリズムの崩壊は止められないのだろうか。
スポンサーサイト

クリックで応援ヨロシクお願いします。



2009-09-16(Wed) 15:36| 評論| トラックバック 0| コメント 0

『アクロイド殺害事件』

アクロイド殺害事件 (創元推理文庫 (105‐13))
アクロイド殺害事件 (創元推理文庫 (105‐13))大久保 康雄

東京創元社 1959-05
売り上げランキング : 720069

おすすめ平均 star
star麻雀は性格描写のため
starポアロとマープル
star推理小説の常識を覆すプロット

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

江戸川乱歩が選ぶ探偵小説BEST10()において、第六位の座を得ているのが本作品である。主人公はもちろん「私の灰色の脳細胞が活動を始めた」と口走ることで有名なエルキュール・ポアロである。私はこれまでポアロが登場するクリスティの作品を読んだことがなかったので、本作品で初めてポアロと対面することとなった。
 
シャーロック・ホームズと並ぶ世界的名探偵であり、かねがねから至る所で彼の噂を聞いていた私としては、ポアロが事件を少しずつ紐解いていく様子だけで非常に楽しむことができた。しかしながら、私にとって本当に印象的だったのは、ポアロのキャラクターよりもクリスティのミステリ作家としての力量である。クリスティは本当に天才だと思った。『そして誰もいなくなった』も私は読んだが、本作品はそれを上回る程のどんでん返しがあり、同時にそのどんでん返しに頼ることない幾重もの伏線による複雑性が、本作品を最上級のミステリたらしめている。
 
事件はたった一人の男の殺人事件で始まり、そして終わる。不可解な密室殺人でもなんでもなく、単に書斎で男が一人殺された。それを解決するのにポアロは400P近くも費やすのだ。少しずつ少しずつ事件の隠された背景が明らかになっていくが、どうしても犯人が見えてこない。私があれこれ悩んでいるうちに、ポアロは鮮やかな手際で全てを明らかにし、衝撃の事実を読者に突きつける。
 
 
~以下、ネタバレ注意!!~
本作品は再読によってその面白さがさらに増す作品であると思う。初読においてはクリスティの張り巡らす伏線に乗っけられ、まんまと驚かされる。犯人が分かった後の再読では、犯人の行動の一つ一つ、ポアロとのやり取りを逐一楽しむことができる。何とも面の皮の厚い犯人である。その言動の大胆さに思わずニヤリとさせられること間違いない。
 
蓄音機を使ったトリックなどは、翻訳にも大きくよるのだろうが、私が所有する本の訳では話し言葉と書き言葉を区別できるような訳ではなかったため、トリック自体に多少の違和感があった。しかしながら、蓄音機のトリックの伏線は二重、三重に提示されているため、こうした細かい点でクリスティを批判するのは酷というものだろう。こうしたあらを探すよりも、クリスティの素晴らしい作品を楽しんで欲しい。
 
毛糸の絡まりを優しく滑らかに紐解いていくようなクリスティの作品は、私が最も敬愛するものである。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



2009-09-14(Mon) 16:44| ミステリ| トラックバック 0| コメント 0

『黄色い部屋の謎』

黄色い部屋の謎 (創元推理文庫 108-1)
黄色い部屋の謎 (創元推理文庫 108-1)宮崎 嶺雄

東京創元社 2000
売り上げランキング : 285042

おすすめ平均 star
star紛れもない名作。
star《密室》の新機軸を打ち出したマイルストーン的作品
starオペラ座の怪人の著者なので読みました。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

江戸川乱歩が「これらの諸作を読まずして本格的探偵小説を語ることはできないのである」と評する10選の探偵小説(参照)において、第二位の座を得ているのが本作品である。
 
本作品の見所は、やはり密室殺人にある。ルルーは、同じ密室殺人を扱ったポーの『モルグ街の殺人』、ドイルの『まだらの紐』の密室性が不完全であることを「面白くない」と考え、自分は「金庫のように密閉された室内の犯罪」を考案したと述べている。文中でも前二作との比較がなされているが、トリックや犯人についてまで具体的に言及してしまっている点は非常に不愉快だった。これらの作品をまだ呼んでいない方がいるのであれば、読む際に注意していただきたい。
 
ルルーは密室にこだわり、作中でも「完全なる密室」であることを幾度となく強調しているが、その点を強調すればするほど、逆に犯人が絞られてしまうという事態が起きているのは皮肉である。特に第二の事件では、若い新聞記者探偵ルールタビーユの言う「正しい理性の働き」によって考えると、あからさまに犯人が絞られる。また、第一の事件においても、一人の人間による緻密な計画によって行われた犯行であるというよりは、幾重もの偶然が重なったことによる偶発的密室であるため、トリックと呼ぶには少し不適切であるようにも思われた。ただし、逆に言えばそうした偶発性を踏み越えて論理を組み立てていくという歯ごたえを味わえるのは言うまでもないが。
 
すこし批判的な口調になってしまったが、以上に挙げた点を差し引いたとしても、本作品は素晴らしい探偵小説だといえるのは間違いない。心理的密室トリックや犯人の意外性はもちろんのこと、物語は長編のミステリとしてよく書き込まれている。推理のために必要な描写以外にも、サスペンスやロマン、犯罪の裏に潜む人間ドラマなど多くの要素が重層的にくみ上げられており、『オペラ座の怪人』を書いたルルーならではの劇的な物語性は非常に楽しめる。こうした要素によって、本作品は最後まで飽きることなく読ませられる上級のミステリに仕上がっているのである。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



2009-09-12(Sat) 16:42| ミステリ| トラックバック 0| コメント 0

『経営予測エイジ』

bookface_0908.gif

現代では週刊・月刊を合わせただけでも一月に何百冊もの情報媒体が発行され、私達は常に情報の洪水の中に身を晒している。出来る限り多くの情報に目を通したいと思うが、時間という絶対的制約があるため、全ての雑誌に目を通すわけにはいかない。かといって一つの雑誌だけでは情報が偏っていないだろうか。そのような消費者の逡巡の中で出るべくして出たと言える本雑誌は、月刊・週刊のビジネス情報誌や経済紙・業界紙・専門紙、シンクタンクの緊急調査レポートといった約
100種類にも及ぶ幅広いメディア媒体から、約60点の記事を選定して一つにまとめた月刊誌である。
 
エコノミストや経済Trendなどの主要雑誌はもちろんのこと、野村週報や環境管理といった、私なら普段全く目に通すことがないような専門誌から記事を抽出しているので非常に勉強になる。私が本雑誌を勧めるのは、こうした各分野の専門誌から情報を厳選して提供してくれることこそ、雑誌が有するべき真の価値だと考えるからだ。
 
日々の速報性という点から見れば、新聞やインターネットなどの発行間隔の短いメディアに対して雑誌が勝てるわけがない。「Twitter革命」という言葉があるように、現在最速の情報発信力をもつのはTwitterを初めとするインターネット世界だろう。イランのデモ中に射殺されたネダの映像がTwitterYou Tubeによって世界中に伝えられたのは記憶に新しい。しかしながら、雑誌の価値というのは、中長期的な情報のまとめ役、未来予測という点にある。そしてこの未来予測の点において、雑誌はインターネットを越えた情報の先導性を有するのである。
 
専門誌というのは、特にこの未来予測の点が優れている場合が多い。長期的な視点で今までに起こった出来事をまとめあげ、次につなげる記事を書く。そうした専門誌から抽出されて出来上がった本雑誌は、雑誌に必要とされている要素を余すことなく体現しているといえるのではないか。もちろん、一月に起こった膨大な数の出来事をまとめあげるわけだから、必然的にかなりの記事が人為的に取捨選択されている点に注意しなければならない。また、未来予測についても、記事に書かれていることをそのまま鵜呑みにせずに自ら考え判断しなければならない。雑誌を読むにあたり、このような積極的な姿勢が読者に対して問われているのは間違いない。
 
日系の雑誌では、自社でオピニオンを集めて記事をまとめる総合月刊誌としてWEDGEがあるが、『経営予測エイジ』は既に出版された記事を引用するという手法をとっている。どちらがより有益と感じるかは読者の好み次第だろう。私も『Newsweek英語版』を定期購読しているが、こうした週刊誌に加えて、日々の情勢について長期的な視点を養うためにも、月刊誌もひとつ購読してみようかと考えている今日この頃である。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



2009-09-10(Thu) 14:50| 未分類| トラックバック 0| コメント 0

『インストール』

インストール (河出文庫)
インストール (河出文庫)
河出書房新社 2005-10-05
売り上げランキング : 32297

おすすめ平均 star
star素晴らしい小説だ
starなんとなくいい
star現代の文学

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

綿矢りさが紡ぎだす言葉は、本当に美しい日本語だと思う。短文と長文を織り交ぜた絶妙なテンポの文体の中で使われる現代の日本語は、押し付けすぎることもなく、それでいて引きすぎることもなく、すっと心の中に染み渡ってくる。素晴らしい小説というのは、ストーリの巧みさ云々は別にして、文字だけで読者を引き込み、次のページをめくらせずにはいられないような魅力を持つものなのだと改めて感じた。
 

まだお酒も飲めない車も乗れない、ついでにセックスも体験していない処女の十七歳の心に巣食う、 この何者にもなれないという枯れた悟りは何だというのだろう。歌手になりたい訳じゃない作家になりたい訳じゃない、 でも中学生の頃には確実に両手に握り締めることができていた私のあらゆる可能性の芽が、気づいたらごそっと減っていて、 このまま小さくまとまった人生を送るのか知れないと思うとどうにも苦しい。もう十七歳だと焦る気持ちと、 まだ十七歳だと安心する気持ちが交差する。この苦しさを乗り越えるには。分かっている、必要なのは、 もちろんこんなふうにゴミ捨て場へ逃げ出すのではなく、前進。人と同じ生活をしていたらキラリ光る感性がなくなっていくかもなんて、 そんなの劣等生用の都合の良い迷信よ、学校に戻ってまたベル席守ることから始めなさい! 光一口調で自分を叱ってみたが、しかし、 やっぱり私は動けなかった。自分にほとほと呆れ、 仰向けになってさびれたコンクリートの四角の切れはしからのぞいている暮れかけの空を見上げる。

 
高校生時代に感じていた思春期の微妙な心情がところどころに散りばめられていて、懐かしさがこみ上げてくる。私にもこんな時代があった。今更ながら思い返すが、その反面に22歳になった今でも同じようなことを考え悩んでいる自分がいる。こうした気持ちは年を取るごとに次第に減っていくのだろうが、おそらく大半の人が同意できるであろう人生のささやかな、しかし唯一といって良いほどの悩みをこのように書かれてしまっては、素晴らしいといわざるを得ないではないか。『インストール』が多くの人に読まれた理由はここにあると思う。
 
 
最後に本小説のテーマである「再生」について書く。受験勉強に追われる日々に疲れきっていた朝子は、かずよしの押入れでエロチャットをするという新しい世界を自分にインストールする。インストール完了後、つまりエロチャットのアルバイト終了後に朝子が選んだのは、以前の生活を取り戻すことだった。
 
私が思うに、ここで彼女の行ったインストールとはOS自体のインストールではなくて、アプリケーションのインストールだったのだろう。ご存知の通り、OS自体のインストールとは、パソコンを動作させる大元のプログラムを変えてしまうということであり、その意味で本書のインストールを解釈してしまうと、インストールによって朝子という人格が完全に代わることになってしまう。そうではなくて、本書のインストールとは、朝子というOSの中に「押入れの中でのエロチャット」というアプリケーションをインストールすることなのである。自分自身を維持しながら、同時に違った世界観を自分の中に芽生えさせることが本書でいうインストールなのだと解釈した方がしっくりくる。そうして新しい世界観を得た朝子は、以前の日常に自分を戻すという道を選択するが、その日常は決して以前と同じではない。朝子の中には、今まで知らなかった新しい世界が芽生えているのだから。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



2009-09-08(Tue) 10:47| 日本文学| トラックバック 0| コメント 0

カレンダー(月別アーカイブ)

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2009年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


ブログ内検索

<古本市場>

Amazonでは中古品を出品者から購入すると必ず340円の送料がかかってしまいます。古本市場でなら、中古品でも2000円以上買えば送料無料です。中古品を買うなら古本市場がお勧めです。

<Amazon>

私もいつも利用しているAmazonです。洋書のベストセラーを読んで英語学習に役立ててみてはどうでしょう??

Ajax Amazon

レビュープラス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。