FC2ブログ

Time is money, ya know

プロフィール

Author:ydog
読んだ本を忘れてしまわないためのアウトプットの場。読んだ本の中でも是非皆さんに読んで頂きたい本を【お勧めの本】として紹介しています。本を選ぶ参考にしてみてください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

  • 未分類(3)
  • 日本文学(31)
  • 外国文学(4)
  • ビジネス書(21)
  • ミステリ(5)
  • 学術書(5)
  • 英語(1)
  • 仏語(2)
  • 政治(1)
  • 思想・哲学(2)
  • 自己啓発(7)
  • 評論(22)
  • ワイン(10)
  • お勧めの本(8)

リンク

RSSリンクの表示

FC2カウンター

<ブログを始めるなら>

ブログ 【FC2BLOG 容量1GBの簡単ブログ】

ブログを思い通りにカスタマイズしたいという方にはFC2ブログがお勧めです。初心者の方でも安心して使えます。ブログを作ったら、ブロともになりましょv(。・ω・。)

人生で特に影響を受けた本たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

『グローバリゼーションを擁護する』

グローバリゼーションを擁護する
グローバリゼーションを擁護する鈴木 主税

日本経済新聞社 2005-04-21
売り上げランキング : 173344

おすすめ平均 star
star仲間内で気勢をあげているだけ
starNGOはこれを読め!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

国際的な大企業(独占企業)が途上国の貧民を搾取し、先進国の経営者だけが私腹を肥やしているというイメージは、一般的な人なら誰もが持っているステレオタイプではないだろうか。イメージとは恐ろしいもので、独占企業が途上国の貧困の原因であると経済学的に証明された事実を知っているわけでもないのに、「何となくどこかで聞いたことがあるから、きっとそうなのだろう」くらいの理由で、皆がグローバリゼーションを批判し始める。このようなデマゴーグが大衆の中に深く浸透しつつあるのは、自らの不安を払拭するために「何者か」を悪役に仕立てなければならない悲しい人間の性質がその根底にあるのかもしれない。筆者は面白い例え話を紹介している。
 
たとえば恋人にふられたことさえ、グローバリゼーションのせいにされかねないほどだ――なにしろ、恋人はブエノスアイレスへ旅立ってしまったのだから! こんな言いがかりには、こう言い返してやらねばなるまい。「いったいそれがグローバリゼーションとどう関係があるのか」と。(P56
 
グローバリゼーションを批判する人々の不安は多方面にわたっている。貧困や労働者の権利が奪われること、民主主義の欠陥が生じること、女性の権利が低下すること、各国の文化が均質化してしまうこと、環境が破壊されること、などである。では、これら全ての事象は本当にグローバリゼーションが要因であるのだろうか。
 
グローバリゼーションについてアマルティア・センは、「中心となる争点は、グローバル化そのものの是非ではなく、市場の利用の良し悪しでもなく、じつは制度的枠組が全体的にバランスを書いていること」(人間の安全保障P64)だと述べている。つまり、グローバリゼーションは概ねプラス効果をもたらす「中心傾向」を有しているのであり、当然ながらプラス効果だけでなくマイナス効果も考えられるが、そのマイナス効果に政策や制度を用いて対処することによって、グローバリゼーションが生み出す問題は最小限に抑えられるのである。
 
著者は多数の論文を引用しながら、グローバリゼーションのプラスの傾向を論じていく。ここでは、グローバリゼーションに対する偏見への反論の一例(グローバリゼーションと貧困)を簡潔に紹介する事にするが、興味があれば、本書を読んで自分自身が持つ不安を取り除いて欲しいし、そうすべきだと思う。
 
<グローバリゼーションと貧困>
まず、対内指向型政策よりも自由貿易における対外直接投資を通じた対外指向型政策の方が経済厚生の拡大に効果的であるという調査結果がOECDNBER(全米経済研究所)によって出されており、同時に、高率の生産的投資によって導かれた「東アジアの奇跡」について考えてみれば、グローバリゼーション、つまりは自由貿易が経済成長を促すものであるという説は概ね納得できる。そして、「東アジアの奇跡」以前の1970年代においては、世界の貧者の11%がアフリカに、76%がアジアに暮らしていたが、「東アジアの奇跡」以後、その比率は逆転し、1988年までにはアフリカが66%の貧者を抱え、アジアは15%にまで低下している。
 
このような経済成長による社会全体のプルアップ効果は否定できるものではない。また、その反面で一国内の貧富の差が拡大しているのではという懸念も提起されるが、それこそグローバリゼーションにその責めを負わすのは酷ではないだろうか。社会全体が貧しいまま全員が平等であるのと、社会が発展し不平等が増すのとどちらが良いのかといえば、これはもう価値観の問題でしかなくなってしまうが、私は後者の方が健全な社会だと思うし、そのような不平等が政策によって改善されるのであれば、分配されるパイが大きな分だけ後者の社会のほうがより良い社会になりうることは疑いが無い。
 
 
グローバリゼーションへの批判には盲目的になされるモノが非常に多い。イメージに扇動されてしまうことは、民主主義の担い手としてあってはならないことである。独占企業が途上国の貧者を搾取しているのというが、実際、多国籍企業が支払っているは労働者が他の職業で得る平均賃金よりも高いのであるし、先進国の文化が途上国の文化を駆逐してしまうという問題も、伝統的な価値観に極端に重きを置く文化人類学者の自己満足に過ぎないのではないか。「変化こそ唯一の永遠」(岡倉天心『茶の本』)であり、我々がなすべきこととは、伝統に固執するのではなく、伝統から先人の知恵を学び取り、その知恵をさらに洗練させて次の世代に繋げていくことだろう。
スポンサーサイト

クリックで応援ヨロシクお願いします。



2010-03-12(Fri) 12:50| 学術書| トラックバック 0| コメント 1

『自由からの逃走』

自由からの逃走 (1951年) (現代社会科学叢書〈第1〉)
自由からの逃走 (1951年) (現代社会科学叢書〈第1〉)日高 六郎

創元社 1951
売り上げランキング : 291585

おすすめ平均 star
starすこし難しかった
star逆説的な標題

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

資本主義の発展以前、いわゆる中世社会を特徴付けるのは、個人的自由の欠如である。生まれた土地からの移動から服飾、モノの値段に至るまで、全て規則と義務とに人々は縛られていた。その反面、各人は確固とした社会的役割を有し、それによってのみ自分の存在を意識していた。このような没個性の段階における個人と社会との間に存在する関係をフロムは「第一次的絆」と呼ぶ。
 
このような中世の固定化された社会構造が資本主義の浸透によって崩壊した結果、人々は政治的・経済的な束縛からの自由を手に入れることができたが、それは同時にそれまで固定化されていた社会的地位を失うということを意味する。「すべてはみずからの努力にかかっており、伝統的な地位の安定にかかっているのではない(P68)」という状況は、それまで安定感と帰属感とを与えていた「第一次的絆」からの解放を人々にもたらした反面、世界に対してたった一人で立ち向かっていかなければならないという孤独を「個人」に与えることとなった。
 
さらには労働や購買の様式も変化した。それまで職人として親方や企業と具体的な関係で結ばれていた労働者は、大企業の中において多数の従業員の内の一人としてしかみられなくなった。百貨店などにおける顧客は、それまでの個人的な注意を払う対象から、単なる抽象的な買い手としての意味しか持たなくなった。俗に言う、「個人」の無意味化である。このような資本主義の傾向がますます「個人」の孤独を助長していく。
 
こうした孤独から逃れるためには、二つの道しかない。「積極的自由」を手にするか、社会的束縛から勝ち得たその自由を捨て去るかである。後者を選ぶということは、自分の外側にある権力や人、制度によりかかることで個人的自我と社会との間に生じた分裂を消滅させようと試みることである。著者は、第一次世界大戦敗北後の失望に溢れる社会状況の中で、個人の無意味感・無力感を感じていたドイツ民衆が、孤独に耐え切れずにファシズムの基盤を作ったと説明する。こうした例は、もちろんファシズムだけに当てはまるものではない。現代においても、怪しげな新興宗教に熱中してしまう人は多くいる。しかしながら、こうした逃避は決して成功しない。なぜなら、私達が一般に住んでいる社会において、この分裂、ひいては「個人」という概念は、既に確立されているのであって、その前提を無理やり無視して仮初めの「第二次的」な絆を求めたとしても、根本的な問題は解決しないからである。
 
このように考えると、組織に属することが全て自由からの逃走になるのではと思う人もいるだろう。しかしながら、「積極的自由」の下に自ら決断して組織に属するのであれば問題ないのである。「積極的自由」とは、「個人が独立した自我として存在しながら、しかも孤独ではなく、世界や他人や自然と結び合っているような」(P283)状態のことをいう。そして、この自由は「全的統一的なパースナリティの自発的な行為のうちに存する。」(P284)
 
著者の言う「自発的な行為」とは、「自分自身でものを考え、感じ、話すこと」(P288)ということなのだろう。ただ、これは非常に難しい。著者も別のところで述べている。
 
われわれの願望―そして同じくわれわれの思想や感情―が、どこまでわれわれ自身のものではなくて、外部からもたらされたものであるかを知ることには、特殊な困難が伴う。(P279)
 
現代の学校教育でも問題になっていることであるが、私達は社会の規範に沿うような人間になるよう教育を受ける。他人と違うことが悪とされ、「一般的」という鋳型に押し込めた人間を大量生産する学校ばかりが溢れかえった結果、自ら考えるという能力が欠如した人間ばかりが増えてしまった。こうした社会的な強制を幼少の頃から受けてきた私達に、いきなりどこまでが自分の思想で、どこまでが他人の思想かと問われても途方にくれてしまう。著者自身も、両者の区別における困難を克服する術について、具体的に説明してくれているわけでもない。
 
しかしながら、ここで悲観的になっても仕様が無い。何が自分の思想で何が他人の思想か、それは各々自分で考えろということなのだろう。なぜなら、世界に私という意識が一つしかない以上、その答えを知るのは私しかいないのだから。そうして自ら考えることが、私達が生きているということを世界に対して証明するのである。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



2009-11-27(Fri) 19:27| 学術書| トラックバック 0| コメント 0

『五輪書』

五輪書 (岩波文庫)
五輪書 (岩波文庫) 宮本 武蔵

岩波書店 1985-02
売り上げランキング : 14252

おすすめ平均 star
star心技体の合一
starまじめに姿勢ただして 音読したくなる。
star手軽だが

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

バガボンドが人気を集める以前から、剣豪と言えば宮本武蔵というくらい世に知れ渡った剣客であった武蔵が、死の直前の2年間に熊本市近郊の金峰山にある霊巌洞で書き上げたとされるのが『五輪の書』である。「地・水・火・風・空」の五巻に分かれており、各章の内容は以下の通りである。

地之巻……武蔵の考える兵法についての概略説明
水之巻……剣術の道理についての具体的な解説
火之巻……個人・集団それぞれの戦いについての解説
風之巻……二天一流と他流派との比較検討資料
空之巻……兵法の「道」について説く精神論的な巻

このように見ると、剣術指南書にしか見えない。確かに、剣の持ち方や足の運び方等、おおよそ私達には縁遠いようなことも多々書かれてはいるが、そういった剣術・兵法指南の端々に、現代社会でも応用できる心構えや哲学が潜んでいるのである。
 
例えば、水之巻において武蔵が述べている、
「心のもちやうは、常の心に替わる事なかれ」
とは、どんなことがあっても常に平常心を保つよう務めなさいということだ。勝負どころであっても、変に力んだり勇んだりせず、常にありのままの自分で本来の実力を出すことが重要である。また、武蔵はこうも言っている。
「うへの心はよはくとも、そこの心をつよく、心を人に見わけられざるやうにして」
外見は穏やかに見えても、心底は常に一定でゆるぎないものにしなければならない、いわゆる外柔内剛のことである。こうした心構えは、私も日々見習おうとするものである。
 
また、火之巻においては、
「人の世を渡るにも、一大事にかけて渡をこすと思ふ心有るべし。」
とし、何事においても一大事(勝負所)を押さえ、その一点のみに全力を尽くせば勝利への道は開けるとしている。同様に、物事の状況を逐一把握することが勝利への道であるとしており、総じて言えば、常に状況判断を怠らずに勝負の機を抑えることが重要だということを言っている。
 
このように、武蔵の兵法哲学は、社会の諸事に対して応用可能である。兵法とはいわゆる戦略のことであるが、ビジネスの世界においても戦略コンサルティングといった言葉があるように、戦いの方法は違えど、その担い手が人間である以上、根本にある心構えには共通する部分があると思われる。宮本武蔵は天下一の武人であった。その武蔵の戦いの哲学を本書で感じ取ってみてはいかがだろう。

ちなみに、本書は非常に詳しい解説がなされているが、原文(つまり古文)のままである。したがって、古文が嫌だという人は現代語訳したものも出版されているので、そちらをお勧めする。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



2009-06-23(Tue) 08:14| 学術書| トラックバック 0| コメント 1

『憲法』

憲法
憲法芦部 信喜

岩波書店 2007-03
売り上げランキング : 3972

おすすめ平均 star
star真に“行間”を読む力。
star教科書として。
star帯に短し

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今は亡き芦部先生が書かれた憲法の基本書。大抵の大学の憲法講義では本書が使われているのではないだろうか。それほどまでに芦部先生は神格化されている。また、本書自体も内容が深く、何度も読み返すたびに新しい発見がある。それでいて基本書としても使用できるため、まさに万能の一冊。間違いなく憲法の教科書として一家に一冊持っておいて損は無い。
 
国際法では憲法のような絶対的な規範は存在しない。確かに国際慣習法のような国際法上の原則は存在するが、その原則でさえも時代と共に修正されていく。したがって、国際法ではさまざまな国際法主体の動きから、現在ではどのような法規が妥当なのかを探っていくことが必要であり、その意味で帰納的な学問である。それに対して、憲法にはまず初めに「憲法」という絶対的な規範が存在する。そして、その絶対的な規範をどのように解釈していくかを論じる演繹的な学問である。
 
つまり、憲法(日本国憲法)は時代の変遷とともにそれ自体が変化することは無いため、一昔前に書かれた本書のような本であっても、いまだその内容は現代において十分通じるものなのだ。芦部先生の解釈にも批判すべきところはあるが、それを差し引いても十分お釣りがくるほど、その解釈をオーソドックスなものとして考えることができる。それが、本書が現代でも幅広く使用されている理由であろう。ただし、芦部先生の解釈を無批判に享受するようなことがあってはならないのは言うまでもない。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



2009-06-05(Fri) 17:10| 学術書| トラックバック 0| コメント 0

『現代国際法講義』

現代国際法講義 第4版
現代国際法講義 第4版杉原 高嶺

有斐閣 2007-05-08
売り上げランキング : 43617


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

外務省専門職受験の際に使用していた本。正直、学習過程で使用することはあまりなかった。それは外務省専門職の論文記述の学習方法が予備校のテキストをほぼ暗記していくという手法であり(確かにそちらの方が効率は良いが、予備校生が金太郎飴のような答案になる)、このような専門書はほとんど参考文献のような形で時々見直す程度のものだったからだ。それにしても、芦部の『憲法』に比べても格段に見直すことが少なかったので、受験勉強に使おうとするなら、別に買わなくても良かったと思える本である。
 
国際法の先生のお話によると、この本ほど自分の主張を入れず客観的に書かれた本はないと言う。なるほど、判例の引用が非常に豊富で、事実の羅列が多い。つまりは国際法を理解するための基本書としては最良ということか。教養として国際法がどのようなものか知りたいという方は読んでみてはいかがだろう。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



2009-06-05(Fri) 17:08| 学術書| トラックバック 0| コメント 0

カレンダー(月別アーカイブ)

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2019年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索

<古本市場>

Amazonでは中古品を出品者から購入すると必ず340円の送料がかかってしまいます。古本市場でなら、中古品でも2000円以上買えば送料無料です。中古品を買うなら古本市場がお勧めです。

<Amazon>

私もいつも利用しているAmazonです。洋書のベストセラーを読んで英語学習に役立ててみてはどうでしょう??

Ajax Amazon

レビュープラス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。