FC2ブログ

Time is money, ya know

プロフィール

Author:ydog
読んだ本を忘れてしまわないためのアウトプットの場。読んだ本の中でも是非皆さんに読んで頂きたい本を【お勧めの本】として紹介しています。本を選ぶ参考にしてみてください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

  • 未分類(3)
  • 日本文学(31)
  • 外国文学(4)
  • ビジネス書(21)
  • ミステリ(5)
  • 学術書(5)
  • 英語(1)
  • 仏語(2)
  • 政治(1)
  • 思想・哲学(2)
  • 自己啓発(7)
  • 評論(22)
  • ワイン(10)
  • お勧めの本(8)

リンク

RSSリンクの表示

FC2カウンター

<ブログを始めるなら>

ブログ 【FC2BLOG 容量1GBの簡単ブログ】

ブログを思い通りにカスタマイズしたいという方にはFC2ブログがお勧めです。初心者の方でも安心して使えます。ブログを作ったら、ブロともになりましょv(。・ω・。)

人生で特に影響を受けた本たち

『若きウェルテルの悩み』

若きウェルテルの悩み (岩波文庫)
若きウェルテルの悩み (岩波文庫)Johann Wolfgang Von Goete 竹山 道雄

岩波書店 1978-12
売り上げランキング : 5991

おすすめ平均 star
star恐ろしい
star純愛とは何か…
star若きウェルテルの悩み

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ドイツの生んだ最高の文豪のひとりであるゲーテが、25才のときにたった4週間で一気に書き上げた世界を代表する青春の文学である。ゲーテ作品の中で最初の本格的な小説であり、主要部分は、主人公ウェルテルが友人のウィルヘルムに手紙を書き心情を告白するという書簡体小説の形式をとっている。つまりは、物語のほとんど全てが主人公ウェルテルの告白から構成されており、ウェルテルの苦悩に直に触れることができる。ゲーテ自身の恋愛体験と、ゲーテの友人が失恋を理由に自殺したのがきっかけとなり執筆された。
 
ナポレオンが、この「若きウェルテルの悩み」をエジプト遠征に携えていき、七回読んだといわれているのは有名な話である。ナポレオンが常に懐に携帯していた本作品は、人が必ず経験する青年期の恋を題材にし、ウェルテルの苦悩を直に描くことで、多くの人々の共感を勝ち得ることができたのだろう。しかし、本作品の魅力はそれに留まらない。ウェルテルの独白は全てが書簡形式であるため、一見すると不器用な文章に見えながらも簡潔にまとまっており、彼の独白が描き出す情景は全てが詩的で美しい。一つ一つの段落が散文詩のようであるとまでは言わないが、削りに削った必要最低限の言葉で描かれるそれぞれの場面は、どれも啓発的で我々の心を掴む魅力に溢れている。したがって、ナポレオンが本作品を何度も読み返していたということもうなずけるのだ。ふとした瞬間にぱらぱらとページをめくってみると、ウェルテルの苦悩が周囲の情景と共に心に染み込んでくる。
 
ウィルヘルム、愛のない世界なんて、ぼくらの心にとって何の値打ちがあろう。あかりの着かない幻燈なんて何の意味があるんだ。小さなランプを中に入れて初めて白い壁に色とりどりの絵が映るのさ。なるほどそれもはかないまぼろしかもしれない、それにしてもさ、元気な少年のようにその前に立って、その珍しい影絵にうっとりとしてれば、それもやっぱり幸福といっていいじゃないか。
 
高校時代に友人と幸福とは何かについて話し合った記憶があるが、そのときの友人の意見は「愛する人と幸せな家庭を築けること」だった。私はその当時、内村鑑三の『後世への最大遺物・デンマルク国の話』を読んだばかりだったので、「崇高なる精神を後世に残すことが人間の幸福なのだ」というようなことを力説したように思うが、幼少から学問を積んで学校一の秀才であった友人が、幸せを恋愛と捉えていることに当時の私は少なからず驚いた。ウェルテルも、
 
自分の情熱や自分の欲求からでもないのに、他人のため、金のため、あるいは名誉とか何とかのためにあくせくする人間はいつだって阿呆なのだ。
 
と述べている。私は今でも「崇高なる精神を残すこと」が人生の意義であると考えてはいるが、ふとしたときに、果たしてそれが真に自分が求めていることなのかと疑問に思うこともある。人生の意義や目的などといった難しいことではなく、もっと単純に自分自身が求めている幸福は、「愛する人と幸せな家庭を築けること」なのではないだろうか。そして今日も私は悩むのである。
スポンサーサイト



クリックで応援ヨロシクお願いします。



2009-07-13(Mon) 11:00| 外国文学| トラックバック 0| コメント 0

『審判』

審判 (岩波文庫)
審判 (岩波文庫) カフカ

岩波書店 1966-01
売り上げランキング : 8674

おすすめ平均 star
star読む人ごとに違うリアルさが感じられる
star訳者を讃える
star社会の「しかけ」

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

詳細を語らないがゆえの奥深さがある。劇中に起こる全ての事柄を逐一説明することが当たり前なのではなく、多くを語らないがゆえに想像の余地が生まれ、多様な解釈を可能にする。
 
私の最初の感想は、カフカは世の中の理不尽さについて書いたのではないか、ということだ。理不尽な事柄は世の中に溢れているし、人はそれを甘んじて受け入れざるを得ない。実際、Kは最後まで理由を告げられることなく処刑されてしまうのだ。それは「屈辱」であるが、Kにはどうすることもできない。全ての事象には理由がある。しかし、カフカはKが逮捕された理由について最後まで文中で明かすことをしなかった。理由を徹底的に排除すること、それはすなわち理不尽さにつながり、何より人は説明のつかないものに得も言われぬ恐怖を感じるものである。そうした理由の排除が物語を不気味でとらえどころのないものにしているのではないだろうか。
 
このような第一印象を『審判』に対して抱いたが、カフカが同作品を執筆した当時、彼は恋人フェリーツェ・バウアーとの一回目の婚約を解消している。さらに、婚約解消の交渉では両者の友人を交えてホテルの一室で会談が行なわれ、カフカは日記でこの会談の様子を「法廷」と表現していた(Wikipedia参照)。では、この恋人との関係が同作品に反映されていると考えるとどのような解釈ができるのだろう。(ちなみに、カフカの作品では主人公がカフカ自身であることが自明である。)
 
カフカは全ての「文学でないもの」を仇敵とみなしていた。フェリーツェとの一回目の婚約破棄も結婚生活が執筆活動の妨げになるという理由からであった。ここで、彼女との関係をKの置かれた状況に例えてみると、逮捕は婚約であり、法廷は婚約を社会的に議論する場だと考えられる。つまり、フェリーツェとの自由な関係は、婚約という社会的な約束事を結んだことによって社会的・拘束的なものへと変化した。カフカはそのような束縛は執筆活動の邪魔だと考えて嫌う。彼の中では婚約破棄は当然の「無罪」なのであるが、社会的には愛する人と結婚するのは道徳的に当然のことであり、それを拒否する理由が執筆活動などとは到底受け入れられるものではない。彼の法廷における弁明も、彼の友人(作中の法廷ホール右半分の人々)は一応受け入れる素振りを見せるが、本心では全員の答えは一致しており、Kの弁明など当初から意味を成さないのだ。
 
カフカは結婚や家庭を持つことを嫌悪していたそうだが、同時にそれらを拒否するがゆえにそれらを渇望するという自己撞着に陥っていた。カフカは執筆活動を中心としたい。しかし、結婚すればかならず彼の自由は崩壊する。なぜなら、例え妻が彼の執筆活動についてある程度の理解を示したとしても、世間が、そして何より彼自身がもつ常識が彼を結婚における責任に束縛するからだ。だから結婚はしたくない。そうはいっても、結婚せず、子供を残さない人生というものの空虚さというものを十分実感しているため、やはり結婚を望まざるを得ないのである。
 
主人公を自分自身に見立てるということは、物語が自己に関する観察を表したものになるということである。自分を赤裸々に告白するような小説を誰が出版したいと望むだろうか。カフカが自らの小説を出版したくないとしたのは、それらが自分自身の内面を生々しく表現したものだったからであろう。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



2009-06-01(Mon) 11:04| 外国文学| トラックバック 0| コメント 0

『夜と霧』

夜と霧 新版
夜と霧 新版 池田 香代子

みすず書房 2002-11-06
売り上げランキング : 981

おすすめ平均 star
star善悪の基準としての書物
star生きる、生かされている意味を考える
star震撼させられました。強く、心を揺さぶられました。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「夜と霧」とは、もともとはヒトラーによって出された命令の名称である。その目的は、ユダヤ人を始めとして、ナチスに反対するあらゆる人間を密かに夜間逮捕し強制収容所に送り込むことであった。一夜で一家族がまるで霧のように消え失せてしまったことから、このような名前がつけられたのである。
 
強制収用所での殺戮や虐待がいかに悲惨であったかを書いた本や映画は山ほどあるが、そのような残虐な描写はこの本にはほとんど出てこない。著者が冒頭で述べているように、大規模な殺戮の中にあった小さな、しかし確実に収容者の精神を蝕んだ苦しみを描き、同時にそれらの苦しみが収容者に(自分を含め)どのような影響を与えていったのかを心理学的に考察している。
 
彼は、被収容者が過酷な状況を耐えて生き残るためには、自分が「なぜ」存在するかを知っていることが必要だという。存在の理由というのは仕事や愛する人間に対する責任などであり、それらが一人ひとりの人間を唯一のものとして特徴づけ、存在というものに一回性の意味を与える。つまり、人が生きていくには、生きることから受動的に何かを得ようとするのではなく、生きることの問いに対して積極的に答えていく必要があるのだ。当たり前のようであるが、アウシュビッツのような極限状況においても、生きる意味を持つ人間は生き残っていく。ましてや看守の気まぐれで殺されることのない現代においてなら、なおさらである。
 
「余命一ヶ月の花嫁」が最近の話題になっているが、彼女も生きる意味を見出した一人なのではないか。自分の死を感じ、その残酷な運命を呪うこともできただろう。しかし、彼女は自分の闘病生活をドキュメントとして残し、後世の同じような闘病者の支えとなる道を選んだ。その決意が彼女の生を意味深いものにしたはずである。
 
人間は選択することができる。生きる意味を問わずに日々を送り、毎日を「こなして」いくこともできる。ただ、その生に意味はあるのか。生きているといえるのだろうか。
 
強制収容所に関する本は他に『アンネの日記』がお勧めである。私も高校生の頃に読んだきりなので、また読み直したい。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



2009-05-29(Fri) 08:16| 外国文学| トラックバック 0| コメント 0

『車輪の下』

車輪の下 (新潮文庫)
車輪の下 (新潮文庫) 高橋 健二

新潮社 1951-11
売り上げランキング : 7254

おすすめ平均 star
star成功は失敗のもと
star翻訳が古すぎる。
star表紙の絵が好きです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

それがヘッセの本に限ったものではないのかもしれないが、一昔前までの文学には、病弱な主人公と彼が憧れる少年との友情関係を通じた自己の存在への問いという構図が多く見て取れるような気がする。三島由紀夫の『仮面の告白』でも同様の人間関係が展開されており、そうした他者からの影響を受けた結果の自己成長についての考察が、一種の定型として確立されていたのかもしれない。文学者の方の意見を聞いてみたい。
 
主人公のハンスは州試験を受験して神学校に入る、いわばエリートである。幼少から勉学ができたため、周りから担ぎ上げられて闇雲に(ハンス自身は勉学を楽しんでもいたので、あながち闇雲ではないかもしれないが・・・)勉強し、念願の神学校に入学するも、次第に神経衰弱に陥り、ついには退学してしまう。その後の彼の人生は言うまでもないが、何とも私自身の経験に重なるところのある話である。幼少から勉学ばかりに励み、「最も感じやすい、最も危険な子供時代」に、夜遅くまで勉強をしていたハンス。その反動は彼の身を焼いた。彼が神経衰弱に陥ってからも、周りの大人達はただただ憤慨するばかりで、誰も「彼」自身を理解しようとしない。
 
私自身、彼ほど勉強に励んでいたわけではないが、中学受験を親から進められ、そのために塾に通って勉学に励む毎日だった。その結果、念願()の学校に入ることはできたが、その反動は中学時代に訪れ、何度も退学になりかけたことがある。思えば、私の場合はまだ仲間や先生方に恵まれたため、そのような時代を乗り切ることができたが、そうではない人もたくさんいると思う。そのような人達はどうなってしまうのか。ハンスのように車輪の下に押しつぶされる運命を歩むのではないか。
 
「どうもわからん」「あの子はあんなによくできていたし、何もかも、学校も、試験もうまくいったのに」と、ある人は言う。
 
 「あんたもわたしも、あの子にはいろいろなすべきことを怠っていたんだ。そうは思いませんかね」と、ある人は言う。
 
困難を乗り越えることのできるたくましい子供もいるかもしれないが、そうではない子供だっているのだ。一辺倒に教育を押し付けるような育て方ではなく、個人の資質に合わせた教育が必要だと思う。しかし、学歴主義が未だ根強い日本においては、それも難しいのが現状だ。やはりそうした個を生かす教育というのは、先生方の個別の気遣いによるところが大きいのだろう。本当に大変な仕事だ。

クリックで応援ヨロシクお願いします。



2009-05-28(Thu) 16:08| 外国文学| トラックバック 0| コメント 0

カレンダー(月別アーカイブ)

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


ブログ内検索

<古本市場>

Amazonでは中古品を出品者から購入すると必ず340円の送料がかかってしまいます。古本市場でなら、中古品でも2000円以上買えば送料無料です。中古品を買うなら古本市場がお勧めです。

<Amazon>

私もいつも利用しているAmazonです。洋書のベストセラーを読んで英語学習に役立ててみてはどうでしょう??

Ajax Amazon

レビュープラス